このページの本文へ

日本オラクル、ブロードバンドコンテンツ管理アプリ開発用ライブラリーを無償で提供

2001年08月30日 16時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクル(株)は30日、デジタルコンテンツを管理するアプリケーションの開発に利用するライブラリー『Oracle cIDf Library』の提供を9月7日に開始すると発表した。無償で提供する。同社はこれをブロードバンド戦略の第1弾に位置付け、デジタルコンテンツの2次利用など、ブロードバンドビジネスを支援する。『Oracle cIDf Library』は、デジタルコンテンツに固有の著作権コードを付けるための標準化を進めている団体“コンテンツIDフォーラム”(cIDf)が策定した仕様に準拠したコンテンツ管理のためのライブラリーで、55個の“ストアド・プロシージャ”で構成される。9月7日から“OTNサイト”で提供する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン