このページの本文へ

関西人必見!? 『ぬかるみの世界』が12年ぶりに復活!

2001年08月31日 23時22分更新

文● 編集部 栗山博行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ケイマックスブラザース、(株)アスキー、凸版印刷(株)の3社は31日、インターネット・ラジオ番組『ラジ@鶴瓶・新野のnukarumi.com』の番組発表記者会見を行なった。

ラジ@鶴瓶・新野のnukarumi.comは、笑福亭鶴瓶氏(タレント)と新野新氏(放送作家)の2人がパーソナリティーをつとめ、ラジオ大阪で1978年から12年間にわたり深夜放送されていた人気ラジオ番組『鶴瓶・新野のぬかるみの世界』(※1)のインターネット版。9月8日に2回目の番組を無料放送したあと、10月6日に有料のレギュラー放送を開始する。

※1 当時、関西を中心に若者の間で人気の高かったラジオ番組。「ぬかる民」と呼ばれる“濃い”リスナーを抱え、ラジオで呼びかけたイベントに警察が出動するなど、社会現象にもなった。

番組発表記者会見冒頭
左から、(株)ケイマックスブラザース 取締役 江口誠氏、(株)アスキー 第2編集局 局長室 次長 奥井宏太郎氏、笑福亭鶴瓶氏、新野新氏、凸版印刷(株) コンテンツプロデューサー 兼頭一司氏

会見の冒頭では、3社の代表よりnukarumi.comのシステムの説明などが行なわれた。

それによると、nukarumi.comはケイマックスブラザースが、大阪放送(株)と松竹芸能(株)の協力を得て番組制作を担当、アスキーはインターネット放送局“ラジ@”を通じて、配信およびウェブサイトの構築を担当する。課金システムには凸版印刷の“Bitway”を利用する。

有料コンテンツの概要は以下の通り。

  • nukarumi.comサイト:出演者、ユーザーなどで同じ世界観を持つ“ぬかる民”のコミュニティ
  • 鶴瓶・新野のnukarumi.com:10月6日より毎週土曜日放送予定。基本は収録番組だが、イベントとしてライブ中継も予定する
  • nukarumi新聞:鶴瓶氏、新野氏の身のまわりの出来事紹介や、ネタの公募などを行なう
  • nukarumi辞典:放送の中で起きた事件や、語録などを辞典にした番組データベース
  • nukarumi掲示板:鶴瓶氏、新野氏からの提案、質問、募集事項などに返事を書き込むための掲示板
  • ライブ放送時にはユーザーとのチャットなども予定する

また無料コンテンツも用意され、こちらにはダイジェスト放送などを用意する。

鶴瓶さん
鶴瓶さん。システムの話のあとを受けて「なにをいうてんのか、さっぱりわからんかった」との発言で笑いを誘ったあと、「僕はラジオで出てきたという自負がある」とラジオ番組への思いを語ってくれた

料金は、9月8日放送予定の“第2回目 特別番組”(無料)中で、鶴瓶氏、新野氏、番組スタッフの3者が入札を行ない決定する。

新野先生
新野先生。会見では「カキン? 課金てなんや!?」ととぼけていただきました

番組では、価格を安くして気軽にアクセスできるようにしようという鶴瓶氏と、海外のインターネット上のポルノサイトとかには30ドルとか書いてあるで、と妙に金額にこだわる新野氏のかけあいが楽しめるとのことなので、9月8日24:00からの第2回目放送に注目しよう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン