このページの本文へ

デル、Pentium III-1.26/1.13GHz搭載の1Uサーバーを発売

2001年08月27日 17時38分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は27日、Pentium III-1.26GHz/1.13GHzを搭載した1Uラックマウント専用サーバー『PowerEdge 1550』を発表した。同社のウェブサイトからの直販により、28日に販売を開始する。同時に、上位機種である2Uラックマウントサーバー『PowerEdge 2550』を値下げする。

『PowerEdge 1550』
『PowerEdge 1550』

『PowerEdge 1550』は、高さ1U(4.4cm)のラックマウント専用サーバー。CPUにPentium III-1.26GHz、あるいは同1.13GHzを搭載しているのが特徴。シャーシのサイズは幅447×奥行き610×高さ43.2mmで、重さは最大構成のとき12.3kg、電源は240W(専用ファン内蔵)で100~240Vとなっている。

販売はBTO(注文生産)となっており、価格例は以下の通り。128MBのメモリー(SDRAM)、8GBのHDD(Ultra3 SCSI)、24倍速CD-ROMドライブ(IDE)、Ultra3 SCSIコントローラーを2機オンボードで搭載する、OSを搭載しない最小構成価格で、25万8000円となっている。1.13GHz搭載の場合は、24万8000円となる。

同製品はサーバー製品の主力モデルのひとつで、人気のモデルに最新プロセッサー搭載機種をラインアップし、競争力の高い価格で提供することで、より一層のシェアを狙うという。

またPentium III-1.26GHzを搭載した2Uサーバー『PowerEdge 2550』を値下げし、通常モデルを26万8000円から販売する。またニーズの高いシステム構成に限定した特別モデルの場合、1.26GHz搭載のモデルは現行の32万8000円から2万円値下げし、30万8000円、同1.13GHzモデルが30万8000円から28万8000円、1GHzモデルが28万8000円から26万8000円となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン