このページの本文へ

NTTサテライト、IP-VPN衛星マルチキャストサービスを提供

2001年08月24日 20時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ サテライトコミュニケーションズ(株)は23日、同社の衛星イントラネットサービス“Mega Wave Pro(メガウェーブプロ)”を、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)が提供するIP-VPNサービス“Arcstar(アークスター) IP-VPN”などの地上系IP-VPNサービスに組み合わせてIPマルチキャストを可能としたオプションサービス“IP-VPN衛星マルチキャストサービス”を、9月1日から提供すると発表した。

“IP-VPN衛星マルチキャストサービス”は、広帯域な衛星回線により、日本全国に大容量のコンテンツを一斉に同報発信できるもの。NTT情報流通プラットフォーム研究所の協力で実現された。従来のIP-VPNへ接続すれば、全国の複数拠点から情報を発信できほか、配信経路が通信衛星(JCSATまたはN-STAR)経由のMega Wave Proを加えることで、衛星系と地上系の2経路となり信頼性が向上するという。

同サービスでは、配信拠点数が多いほど、1拠点あたりの通信コストが軽減される。全国50ヵ所の営業所に500kbpsで営業研修用映像を配信する場合、従来のIP-VPNの約半分の通信コストで配信が可能になり、IP-VPNの場合と同コストでは、配信時間は4分の1以下に短縮されるという。

同サービスは、IP-VPNの導入企業が、多拠点に大容量のコンテンツを送信するニーズがある場合、オプションとして選択できる。料金は、Mega Wave Proの料金(終日専用料金(定額)または従量制料金)が加算される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン