このページの本文へ

クリエイティブ、GeForce2MX400/200搭載ビデオカード『3D Blaster』を発売

2001年08月21日 20時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は21日、NVIDIA社のGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)『GeForce2 MX400』を搭載したビデオカード『3D Blaster GeForce2 MX400 32MB AGP』と、『GeForce2 MX200』を搭載したビデオカード『3D Blaster GeForce2 MX200 32MB AGP』の2製品を8月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、市場予想価格はMX400が1万1000円前後、MX200が8000円前後。

『3D Blaster GeForce2 MX400  32MB AGP』(パッケージ)
『3D Blaster GeForce2 MX400 32MB AGP』

『3D Blaster GeForce2 MX400 32MB AGP』(3DBGF2M432)は、コアクロックが200MHzのGeForce2 MX400を搭載するビデオカード。毎秒2000万トライアングルのセットアップが可能な第2世代のT&L(トランスフォーム:座標変換&ライティング:光源計算)エンジンを搭載し、毎秒800Mテクセルのフィルレートのピクセルシェーダーを利用できる。350MHz対応のRAMDACを内蔵。搭載するメモリーは32MBで、毎秒2.7GBのバンド幅を持つ128bitインターフェースを採用する。AGP4×/2×に対応する。対応OSは、Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000。

『3D Blaster GeForce2 MX200  32MB AGP』(パッケージ)
『3D Blaster GeForce2 MX200 32MB AGP』

『3D Blaster GeForce2 MX200 32MB AGP』(3DBGF2M232)は、コアクロックが175MHzのGeForce2 MX200を搭載するビデオカード。第2世代のT&Lエンジンを搭載し、毎秒700Mテクセルのフィルレートのピクセルシェーダーを利用できる。350MHz対応のRAMDACを内蔵。搭載するメモリーは32MBで、64bitインターフェースを採用する。AGP4×/2×に対応する。対応OSは、Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン