このページの本文へ

携帯の充電が短時間でできる?「最強電説ヘラクレス」

2001年08月18日 21時56分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヘラクレス

 ノートPCなどのUSBポートに繋いで充電を行う「充電一直線」「USB CHARGER」など、最近携帯電話の充電アイテムが多く登場しているが、またひとつユニークな製品が発売になった。その名も「最強電説 ヘラクレス」。



ピンクメモリ
ヘラクレスの文字をアピールしたパッケージ
ピンクメモリ
本体はこんな感じなる。大きさは約80×40×30mm

 写真のような形状をした本体は、ほとんどが単三電池4本を収めるスペース。先端には携帯電話本体のACアダプタ部に合わせた接続口がついており、充電する時には本体と接続口を繋ぐだけだ。この充電ツールのウリは急速充電で「電池切れから約15分で電池マーク3本」とういう宣伝文句がパッケージに書かれている。ただし、裏面の説明をよく読んでみると「フル充電するには約100分間の充電が必要です」とある。意外と時間はかかりそうだが、緊急時など、とにかく携帯電話を使える状態に戻したい時には役立ちそうだ。携帯電話本体の電圧が低い機種(ソニー製)の場合には、端にあるスイッチで電圧を切り換えることができるという。ちなみにこの充電器を接続すると同時に、待ち受けや通話も可能であるという表記がパッケージに見られる。

 販売を開始したのは秋葉館Win、CUSTOM、クレバリー1号店で一律1480円。
 なお、携帯電話専用電源・急速充電器(デジタル3.6V、3.7V専用)で、cdmaOne、PHS、H"、FOMA、アナログ式携帯電話機など、コネクタ形状や充電方式に違いのある機種では使用できないので注意したい。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ