このページの本文へ

『KDE 2.2』リリース!

2001年08月15日 22時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDE.orgは、8月15日にKDE 2.2をリリースした。主な変更点は以下のとおり。

  • 「objprelink」によってアプリケーションの起動を高速に
  • パーソナライゼーションウィザードを更新
  • プラグインベースの印刷アーキテクチャを実装
  • 『Konqueror』がHTMLレンダリングの改善、Javaスクリプトサポートを強化
  • 『Konqueror』に「Babelfish」などを含むプラグインを追加
  • 『KMail』にIMAPサポートを追加
  • 『KOrganizer』がiCalenderをネイティブサポート

現在34カ国語に対応しており、バイナリ版はKDE.orgのFTPサイトからダウンロード可能。バイナリが提供されているディストリビューションは以下のとおり。

  • Caldera OpenLinux 3.1(i386版)
  • Conectiva Linux 7.0(i386版)
  • Debian GNU/Linux
  • Linux Mandrake 8.0(i586およびPPC版)/7.2(i586版)
  • Red Hat Linux 7.x(i386、IA-64、Alpha、S/390版)
  • SuSE Linux 7.2(i386、IA-64版)/7.1(i386、PPC、Sparc、Alpha版)/7.0(i386、PPC、S/390版)/6.4(i386版)

ソースコードはKDE.orgのFTPサイトや日本KDEユーザ会のFTPサーバからもダウンロードできる。

インストール時には、qt-2.2.4ライブラリが必要となる。また、コンパイラにgcc 3.0を用いないことを推奨している。

カテゴリートップへ

ピックアップ