このページの本文へ

ネーミングで勝負か!「こんなに冷えちゃって“銅仕様”」という名のCPUクーラー

2001年08月10日 21時34分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CPUクーラーは競争の激しい分野であるため、時々奇抜なアイデアの製品が登場する。それは形状だけでなくネーミングも同様で、これで銅だ!!なども、そのひとつだろう。

 今週CUSTOMに入荷したCPUクーラーも「(こんなに冷えちゃって)銅仕様!!」(2980円)。代理店のセンチュリー扱いの製品で、パッケージにはペンギンが描かれており、そのペンギンがもつ看板によると「Intel PentiumIII FC-PGA(Socket370)~1.13MHz」(印刷ママ)「AMD Htunderbird(SocketA)~1.4MHz」(印刷ママ)。周波数やスペルが間違っているのには多少不安になる?ショップによると「面白いから仕入れてみた」とのこと。


 ヒートシンクは銅に銅メッキされたもので側面はピカピカ。サイズは60×60×45mm。実は、このヒートシンクはJUSTYブランドで出ている「DCF-C74」のものと同じではないかと思われる。ファンは60×60×25mmで回転数は不明だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ