このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

イベントは満員御礼!コンサートツアー開催中の飯塚雅弓に直撃

2001年08月10日 15時10分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アルバム「ひまわり」(3059円/徳間ジャパンコミュニケーションズ)

ヤマギワでのイベントは告知されるやいなや整理券がなくなった。続く18日に予定の石丸ソフトワンも満員状態。8月5日からはアルバム「ひまわり」発売につながるコンサートツアーで東京、大阪、名古屋と大忙しの飯塚雅弓ちゃん。今回は、その合間をぬってインタビューに応じていただき、アルバム発売からコンサトツアー・イベントまで、熱い思いを語ってくれた。

――ツアー初日(8月5日)のコンサートはどうでしたか?



今回、このアルバムの発売にからんでのツアーということもあって、全曲歌っているんです。はじめて生で聞いていただく曲もあったはずなのに、出だしから会場がすごいエネルギーで、皆さんにひっぱってもらった感じです。

――アルバムのなかの「アイのチカラ」という曲のなかで、LOVE!!、KISS!!、Dash!!というフレーズがあって、これは“狙って”作ったと聞いてますが



そうなんですよ。この曲だけはコンサートを意識し、自分がステージで歌っているのを想像しながら書きました。5日のコンサートでは、実際、みなさんフレーズを叫んでくれましたよ。

――移籍第一弾のアルバムということですが、前回のアルバムに比べて変わった点はありますか?

新たなフィールドにたって再スタートしたい気持ちがあって、今回は自分で作詞したものを多めに入れてみたり、サウンド的にも生楽器をたくさん取り入れたりとか…。その分、暖かさみたいなものをメインに考えました。根底のテーマになっているのは出逢いの素晴らしさとか、そこから生まれる優しさや強さで、そういうものを表現していこうと意識して作ったアルバムになっています。

――曲が先で詞を後からつけるというパターンが多いですか?



「くもりのちはれ」は詞が先で曲を後からつけたものなんですが、そういうパターンは初めてでした。メロディーを聞いていると、そのメロディーで感じた世界で書いていけるんですが、詞が先の場合は、何もないところから書いていく。逆にいえば、自分の思ったように、好きなように表現できるというのはありますね。

――曲のなかではグロッケンに挑戦されたということですが

はい、グロッケンやピアニカ、タンバリンも使ってます。歌うだけじゃなくて楽器とも触れ合っていきたいなあって思っていて、今回のコンサートでも、楽器と触れ合える時間みたいなものを作ってます。



――秋葉原のイベントでは歌はうたわれるんですか?

いえ、トークと握手会だけです。この前の横浜のHMVのイベントでは歌ったんですけど、オープンスペースで4曲歌いました。

――石丸ソフトワンではすでに満員御礼になっていて、ヤマギワさんの時もすぐに整理券がなくなったそうですが

本当にうれしいですね。皆さんに会えるおかげで、最近は週末がすごい楽しみなんです。コンサートがあったり、握手会があったり。アルバムを発売するごとに握手会をやらせていただいているんですけど、これからも絶対続けていきたいです。



前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ