このページの本文へ

バリュークリックジャパン、プラグイン不要のストリーミング広告サービス開始

2001年08月08日 19時12分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

バリュークリックジャパン(株)は8日、プラグイン等が不要なストリーミング広告“ビデオバナー”の配信サービスを、9月1日に開始すると発表した。

同サービスは、米バリュークリック社が、Javaベースの動画圧縮配信を可能にする米EyeWonder社のEYERIS技術を導入したことにより、ユーザーは28.8kbpsのモデム環境においても、プラグインあるいはメディアプレーヤーを使用せずに、動画および音声によるストリーミング広告を見ることが可能になったというもの。

ストリーミング広告の例。
ストリーミング広告の例。赤線で囲まれた部分がビデオバナー。音量の調節などもできる

配信するバナーの広告形態は、スカイスクレーパー型、ポップアップ型、ポップアンダー型など6種類。サイズも468×60ドットから728×90ドットまでの7種類を用意している。

またこれらのバナー広告は、現在1万2000サイトを超えるクリック保証型ネットワークおよび、露出保証型広告カスタマイズネットワーク“Keyword Networks(キーワードネットワークス)”に向けての一斉配信が可能だという。広告料金は、1インプレッションあたり約6円の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン