このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

KYOCERA Finecam S3

KYOCERA Finecam S3

2001年08月07日 22時39分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KYOCERA Finecam S3

京セラ

8万8000円

京セラの「KYOCERA Finecam S3」は、334万(有効324万)画素のCCDと光学2倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラだ。外観に若干の違いはあるが、スペックや本体サイズなどコニカの「Digital Revio KD-300Z」とははほぼ同一で、兄弟機と言ってよい製品である。

高機構を凝縮した小型軽量銀デジカメ

充電池は平らないわゆる“ガム電池”状のものが本体底部に挿入される。

 Finecam S3は、本体サイズや重量、主な仕様はコニカのDigital Revio KD-300Zとまったく同一であり、詳細はKD-300Zのレビューを参照していただきたいが、キヤノンの「IXY DIGITAL 200」とほぼ同じサイズに収まったコンパクトボディが特徴のいわゆる“銀カメ”だ。ボディシェルはステンレス合金製の高級感のある光沢表面処理がされており、ボディカラーはここで紹介する「シルバー」のほか、メタリックな「クールピンク」と「クールブルー」も用意される。



レバー状の電源/再生/撮影スイッチと十字カーソルキーなど、スイッチ類の操作性は良好だ。

 前面のレンズや光学ファインダ、内蔵フラッシュの配置、背面の液晶モニタや十字カーソルなどの操作部に関してもKD-300Zとまったく変わらず、沈胴式レンズにより電源OFF時には前面部がほぼフラットになる。異なるのは前面のデザインと各所のロゴ程度で、KD-300Zはボディ前面上下の段差が直線状であったが、Finecam S3では曲線を描いており、グリップ部にはSDメモリカードのエンブレムが装着されている。



撮影サンプル1。絞り優先モード(F6.8、1/32秒)。元画像は2048×1536ドットだが、掲載用に640×480ドットにリサイズしている。

 操作方法に関してもKD-300Zと共通で、電源OFF/再生/撮影の切り換えレバーや背面の十字カーソルによる操作、液晶メニューの構成も共通だ。シンプルなメニュー表示は慣れれば使いやすいが、やや簡素すぎる感じを受けるアイコンデザインは初心者にはわかりにくいかもしれない。



撮影サンプル1の中央部を640×480ドットにトリミングしたもの。ハイライトがあるため中間調が若干ノイジーとなっているが、解像感は良好だ。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン