このページの本文へ

NTTPC、広告配信システム“Bit Parade”で新サービスを開始

2001年08月07日 17時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)NTTPCコミュニケーションズは6日、同社が運営する広告配信サイト“Bit Parade(ビットパレード)に、動画を利用した“ムービーCM”と“HTMLメール”によるオプトインメールを追加し、20日から開始すると発表した。

“Bit Parade”は、ユーザーのニーズに応じて広告を配信するサイト。ユーザーは広告を見てポイントを貯め、現金化することができる。今回同サイトに、ストリーミング技術を利用した映像広告配信システム“ムービーCM”と、カラーの電子メールを見られる“HTMLメール”を追加した。“ムービーCM”は、ダウンロードする時間を待たずに動画を見ることができるストリーミング技術を用いている。ユーザーが見たいときにCMを見られるので、従来のテレビCMよりも、高い効果が期待できるとしている。また、“HTMLメール”は、HTML言語を使用し、写真などの画像をメール上に載せることができ、本文もウェブのようにカラーで表示できるというもの。モノクロのメールよりもユーザーも目をひきつけることができるという。同社では、現在25万のユーザーを保有しているが、これらの広告技術を取り入れることで、さらなるユーザー獲得を獲得するとともに、効果のある広告を展開していくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン