このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

PEG-N600C

PEG-N600C

2001年08月03日 21時48分更新

文● 小林

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PEG-N600C

ソニー

オープンプライス

ソニーのPalmデバイス「CLIE」(クリエ)シリーズに、Palm OS 4.0を搭載したニューモデル「PEG-N600C」が加わった。音楽再生機能を省略したエントリユーザ向けの製品だが、最新OSの搭載による使い勝手の向上や、弱点とされていたレスポンスの改善など、各所に渡る改良が施されている。

パフォーマンス&使い勝手が向上した
完成度の高い1台

PEG-N700C(左)とPEG-N600C(右)。本体カラーは従来のサテンシルバーに加え、VAIO風の「ラベンダーパープル」が追加された。

 「PEG-600C」は、Palm OS 4.0を搭載したCLIEの最新モデル。ハード的には、2001年4月に発売された「PEG-N700C」と同等だが、N700Cの目玉機能のひとつだったATRAC3対応の音楽再生機能は装備していない。外観にも大きな変更はないが、本体左側面のヘッドフォン端子と「HOLD」ボタンが削られ、代わりにジョグダイヤルが5mm程度上方に配置されている。本体のカラーリングも従来の「サテンシルバー」に加え、VAIO風の薄紫「ラベンダーパープル」が選べるようになった。



PEG-N700C(上)とPEG-N600C(下)の左側面。音楽再生機能の省略により、ヘッドフォンジャックとHOLDボタンがなくなった。

 新機能は、Palm OS 4.0の採用やCLIEオリジナルソフトのバージョンアップなど、ソフトの改良が中心だ。従来機の弱点だった反応速度も、ハイレゾ/ローレゾモード切替時の処理を最適化することで高速化され、ほかのPalm機並みのサクサクとしたレスポンスが実現されている。ちなみに、従来機(PEG-N700C)の処理を高速化するためのパッチもすでに公開されており、ソニーのWebサイトから入手可能だ。



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン