このページの本文へ

IDEで4チャンネルRAID! Promiseから「Fasttrak TX4」発売!

2001年08月03日 21時53分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Fasttrak100 TX4

 Ultra ATAインターフェイスカード「Ultra」シリーズ、そしてIDE RAIDカード「Fasttrak」シリーズでPC自作派の強い味方となっているPromise Technologyから、4チャンネルIDE RAIDカード「Fasttrak100 TX4」が登場した。



中央にはIntelの「SB21150BC」チップ

 製品名からすると以前登場した「Fasttrak100 TX2」の姉妹品のようなイメージを受けるが、その形態は大きく変わっている。4つのIDEコネクタにPromise製のIDEコントロールチップが2つ。そしてカードの中央にはIntelの「SB21150BC」チップが鎮座しており、共通しているのは32bit/66MHzのPCIバスに対応していることぐらいである。4つのコネクタに1基ずつ、計4基のHDDを接続でき、ホットスワップが可能となっている。
 サポートするRAIDのレベルは0/1/0+1。RAIDレベル5などはサポートしないことからして、低価格エントリーモデルとハイエンドモデルの間を行くモデルという位置付けのようだ。
  価格は以下の通り。その機能の割にはなかなか魅力的な価格と言えよう。


3日現在の価格情報
価格ショップ
Fasttrak100 TX4
\19,780コムサテライト1号店
\19,800高速電脳
OVERTOP
\20,300USER'S SIDE本店
\20,800コムサテライト3号店
TSUKUMO eX.
\21,000ぷらっとホーム
ARR-2400A

 また、SCSIカードのAdaptecからも、4チャンネルIDE RAIDカード「ARR-2400A」が登場している。こちらはサポートするRAIDレベルは0/1/0+1/5。価格はコムサテライト1号店で4万5700円である。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ