このページの本文へ

コマース21、ウェブマーケティング支援ソフト『Commerce21 eCRM Suite Ver1.2』を発売

2001年07月31日 18時11分更新

文● 編集部 増田悦子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コマース21は31日、ウェブマーケティングを支援するソフト『Commerce21 eCRM Suite Ver1.2』の販売を開始したと発表した。あわせて、ECサイトの構築を支援するソフトCommerce21 Sell-Side Solutionに新機能を搭載しバージョンアップした『Commerce21 Sell-Side Solution Ver3.3』を発表した。

commerce21.jpg6月18日付けで代表取締役社長兼CEOに就任した有延 敬三氏

『Commerce21 eCRM Suite Ver1.2』は販売情報やサイトのトラッキングの分析から顧客の抽出などができ、顧客一人ひとりにキャンペーン等の展開をし、One to Oneマーケティングを行なえるソフト。サイトにアクセスした顧客のナビゲーション情報やカート情報を収集する“Collector”、販売、商品、ショップごとの分析を行ない、その結果をまとめる“Site Report”、Collectorによって収集されたデータをもとに顧客の行動パターンを分析する“Recommender”、分析のためのテンプレート等を提供し、マーケティング活動を支援する“Marketing Advisor”、メール配信等を行なっていく“Campaign Manager”の5つのモジュールにより構成される。これらを用い、ECサイト上の顧客の行動を分析し、その分析結果をもとにキャンペーンを考案し、One to Oneマーケティングを展開していくという。

サイトレポート
サイトレポート

同社は、「従来、One to Oneを支援するソフトは存在したが、各機能がコンポーネント化されており、サイトのトラッキングから、キャンペーンの展開までのEC業務の一連をカバーし、かつブラウザーベースで全てを操作できるものはなかった」としており、「開発を韓国で行なうことで、コスト面でも十分に競争力を持っている」とした。開発を韓国で行なってはいるが、ソースコードを日本に持ってきているほか、たとえ、緊急事態が発生したとしても、韓国と日本は時差がないので、十分に対処できるともしている。

マーケット分析レポート
マーケット分析レポート

同ソフトは、韓国ですでに180サイトに導入されており、現場のニーズに則しているという。販売実績があり、かつ価格的にも競争力があるため、日本においても、TIS(株)、日本電気(株)、(株)エルテックス等のSI(システムインテグレーター)を通して展開していく。なお、初年度の目標を20サイトとしている。

併せて発表した『Commerce21 Sell-Side Solution Ver3.3』は、顧客へのプロモーション機能、たとえば、誕生日や結婚記念日などイベントにあわせてキャンペーン展開や会員にパーソナルページを用意できる機能などを搭載したバージョンアップ版となっている。同製品もコスト面で競争力を持っている。現在、1案件あたり、ハードウェア込みで5000万円程度からとしている。同製品は昨年度48サイトに導入されており、今年度も50サイトを目標としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン