このページの本文へ

米インテル、『Mobile Pentium III Processor-M』と『Intel 830』を発表

2001年07月31日 11時09分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米インテル社は30日(米国時間)、ノート向けCPU『Mobile Pentium III Processor-M』および同CPU用チップセット『Intel 830 Chipset Family』を発表した。

『Mobile Pentium III Processor-M』

Mobile Pentium III Processor-M(以下Mobile Pentium III-M)は、“Tualatin(テュアラティン)”というコードネームで呼ばれていた、0.13μmプロセスで製造するCPU。データプリフェッチ回路を備えた512KBのオンダイ2次キャッシュメモリーを持ち、システムバスは133MHzで、従来の『Mobile Pentium III』と比較して最大で50%パフォーマンスが向上するとしている。

『Mobile Pentium III Processor-M』
『Mobile Pentium III Processor-M』

また、省電力機能である“Intel SpeedStep Technology”を、“Enhanced Intel SpeedStep Technology”に拡張した。従来のSpeedStepでは、AC電源使用時とバッテリー駆動時で、高低2つの動作クロックを切り替える“Maximum Performance Mode”と“Battery Optimized Mode”を備えていたが、Enhanced SpeedStepでは、Maximum Performance ModeとBattery Optimized Modeを、CPUへの負荷状態に応じて自動的に切り替える“Automatic Mode”という設定を追加した。

さらに“Deeper Sleep”と呼ぶ新しい電源管理機能によって、キーを打つわずかな間の消費電力を0.2W以下にし、全体としてアプリケーション動作時においても消費電力を従来の4分の3に抑えたとしている。

Mobile Pentium III Processor-Mのダイレイアウト
Mobile Pentium III Processor-Mのダイレイアウト

Mobile Pentium III-Mの動作周波数は866/933MHz、1.0/1.06/1.13GHzの5種類で、Maximum Performance Mode時のコア電圧は1.4V、Battery Optimized Mode時は1.15Vとなっている。またBattery Optimized Mode時の平均消費電力は2W以下。866MHz版のBattery Optimized Mode時の動作周波数は667MHz、933MHz~1.13GHzのBattery Optimized Mode時の動作周波数は733MHz。パッケージはMicro Flip Chip PGA(Pin Grid Array)とMicro Flip Chip BGA(Ball Grid Array)の2種類を用意する。

1000個ロット時の価格は、866MHz版が247ドル(約3万900円)、933MHz版が278ドル(約3万4800円)、1.0GHz版が394ドル(約4万9300円)、1.06GHz版が499ドル(約6万2400円)、1.13GHz版が625ドル(約7万8200円)。インテルがウェブサイトに掲載した資料によると、今後1.13GHz以上の製品、750MHz以上のLow Voltage製品、600MHz以上のUltra Low Voltage製品を予定するとしている。

『Intel 830 Chipset Family』

Intel 830 Chipset Familyは、Mobile Pentium III-M用のチップセットファミリー。今回はAGP4Xをサポートした『Intel 830MP』のみをリリースしたが、年内に高性能グラフィックスアクセラレーターチップを統合した『Intel 830M』と、グラフィックスアクセラレーターチップを統合した低価格プラットフォーム向けの『Intel 830MG』の2種類を追加するとしている。

『Intel 830 Chipset』
『Intel 830 Chipset』

Intel 830はいずれも133MHzのSDRAMインターフェース(最大容量1GB)をサポートし、6ポートのUSBと、LAN機能も備える。また、Mobile Pentium III-MのDeeper Sleep機能もサポートしている。Intel 830MPの1000個ロット時価格は37.5ドル(約4700円)。

リリースによると、インテルが0.13μmで製造するPentium IIIには、デュアルプロセッサー構成に対応したサーバー向けのPentium III-Sがあるが、この1.13GHzを5月に出荷開始したほか、1.26GHz版を年内に投入する予定。また、スモールフォームファクターのデスクトップパソコン向けに、0.13μmプロセスPentium IIIの1.2GHz版と1.13GHz版をまもなく出荷開始するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン