このページの本文へ

SCNとネクソンジャパン、ネットワーク対戦型クイズゲーム“Quizquiz”を開始

2001年07月30日 21時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)と(株)ネクソンジャパンは30日、ネットワーク対戦型クイズゲーム“Quizquiz”のサービスを8月1日に開始すると発表した。これは、(株)ネクソンジャパンが企画制作し、インターネット総合サービス“So-net”のゲームサイト“Party Crew”(パーティ・クルー)上でベータテストを行なってきたネットワーク対戦型クイズゲーム“Quizquiz”の正式サービスを8月1日に開始するもの。料金はキャラクターあたり月額500円。

“サバイバルロープ”の画面
ゲームのひとつ“サバイバルロープ”

“Quizquiz(クイズクイズ)”は、参加しているユーザー同士がクイズゲームをプレイするだけでなく、チャット機能を利用してコミュニケーションを楽しむこともできるクイズゲーム。最大36人が同時にプレイできる“サバイバル○×”などのゲームが用意されており、問題は、芸能から歴史、時事問題まで多種多様なジャンルから出題される。また、クイズに正解すると、プレイヤーのキャラクターのIQ値が上がるほか、成績によりゲーム中で利用できる“サイバーマネー”を獲得できる。このサイバーマネーは、衣装やかつらなどのアイテムの購入に利用でき、プレイヤーのキャラクターにアイテムを着けさせることができるという。

対応OSは、Windows 95/98/98 SE/Me/NT/2000。通信速度が33.6kbps以上のインターネット接続環境が必要。なお、So-netのゲームサイト“Party Crew”は、7月30日の時点で、10タイトルのゲームを提供しており、登録会員は6万2000人を超えているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン