このページの本文へ

コンパック、Alpha 21264-833MHz搭載ワークステーション/サーバーを発表

2001年07月30日 18時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は30日、Alpha 21264-833MHzを搭載したワークステーション『Compaq AlphaStation(アルファステーション) DS20E』およびサーバー『Compaq AlphaServer(アルファサーバー) DS20E』を発表した。価格は『AlphaStation DS20E Tru64 UNIXアドバンテージパッケージ』が248万円から(9月末日までのアドバンテージキャンペーン価格)で、『AlphaServer DS20E Tru64 UNIXモデル』が371万円からとなる。いずれも8月上旬に出荷を開始する。

『AlphaStation DS20E』は、ゲノム研究や大規模な流体解析、気象や原子力のシミュレーションなどハイパフォーマンステクニカルコンピューティング(HPTC)環境向けのワークステーション。8MBのDDRキャッシュメモリー、クロスバースイッチアーキテクチャーを採用したAlpha 21264-833MHzを搭載し、パフォーマンス測定の新標準“SPECfp2000”で784の世界最高記録を達成したという。2CPUまでのSMP構成や、LinuxおよびUNIX環境で高速並列処理を実現するBeowulfクラスターシステム構成の構築が可能。アドバンテージキャンペーンモデルのおもな仕様は、Alpha 21264-833MHz、1GBのメモリー、18GBのHDD、Compaq Tru64 UNIXライセンス、Cコンパイラーライセンス、FORTRANコンパイラーライセンスなどで、価格は248万円。ハードウェア1年間オンサイト保証と90日間のOSの電話サポート(Linuxを除く)が含まれる。サイズは幅22.5×奥行き69.9×高さ47cmで、重量は40kg(最大構成の場合)。

『AlphaServer DS20E』は、64bit UNIX OS『Tru64 UNIX V5.1A』およびUNIXクラスター製品『TruCluster Server V5.1A』に対応する。TruCluster構成の場合、電子商取引、データベース、総合業務パッケージ(ERP)などの基幹業務サーバーとして利用できるという。おもな仕様は、Alpha 21264-833MHz、512MBのメモリー、Compaq Tru64 UNIXライセンス、無制限ユーザーライセンス、Cコンパイラーライセンスなどで、価格は371万円。ハードウェア1年間オンサイト保証と90日間のOSの電話サポート(Linuxを除く)が含まれる。サイズは幅22.5×奥行き69.9×高さ47cmで、重量は40kg(最大構成の場合)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン