このページの本文へ

声優に歌手が大集合!!「サマ~げっちゅフェスタ2001」でアキバは大盛り上がり!

B1Fは「埼玉連合のつどい」に。サイン会に珍企画が

2001年07月29日 23時37分更新

文● 狭間太一郎/R

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イベントステージとは別に、各メーカーとも趣向を凝らしたイベント&物販が盛りだくさん。そこでいつものようにゲーム情報局はメーカーさんブースを襲撃してみました。

埼玉連合のつどい

埼玉連合

 まずは、ちょうど埼玉の3ブランドが集まったので「埼玉連合のつどい」なんていう冗談を書いたりしてイベントを盛り上げていたサーカス、Witch、ねこねこソフトから。



サイン会
サイン中の七尾奈留氏(手前)といくたたかのん氏(奥)

 デモCD-ROM配布のもようをお伝えしている、27日発売の「水夏 ~SUIKA~」一色だったのはサーカスのブース。水夏 ~SUIKA~は、田舎の村を舞台に、全4章からなるオムニバス形式の恋愛ドラマで、各所で話題沸騰の名無し少女がそれに何を感じるか…を描いたNV。そんな水夏関連グッズなどの販売に、原画の七尾奈留氏といくたたかのん氏サイン会があって大盛況だったのだ。さすがに前評判の高いソフトだったことはあるけども、原画家さんはお疲れさまでした。



グッズ
販売されていたグッズの数々。いくつか完売となったところで来た客は「展示品でいいから」と買っていきました
パッケージ
パッケージはもう完成しております

 お次は昨年発売された「Milkyway」のキャラクターたちが再登場する“タイピングアドベンチャー”「いちご打」を8月31日(今度は大丈夫…そう)に発売予定のWitch。アドベンチャーからタイピングソフトへとジャンルは変わったものの、コスプレ喫茶Milkywayを舞台にした、ハイテンションでドタバタな展開は今回も健在なのだ。ちなみに今回の主人公は恋水。前作をプレイした人なら、なんで「いちご打」っていうタイトルなのかは説明不要だね。そんなWitchはいちご打のデモ展示やポスターの配布と、Milkywayほか既存タイトルのグッズ販売がメイン。イベント終盤には原画担当の瀬之本久志氏も現れて「じゃんけんで勝った人に落書き」なんていう突発企画も行われた。


瀬之本久志氏突発落書き会のもよう。突然貼り出された紙(左上)に“落書き見本”(右上)、スケブに落書きする瀬之本氏(左下)に、落書き(右下)
落書き会落書き会
落書き会落書き会
銀色完全版の告知

 B1Fで思い切り弾けてたのはねこねこソフトだ。まず1ページ目で紹介したオープニングイベントに続けてサーカスの「水夏」発売記念で「水夏割り」(スイカ割り)をやって、みんなで食べて、さらには道行く人にプレゼント。続いてWitchの「いちご打」発売を記念して「いちご(打)狩り」こと“片栗粉の山に顔を突っ込んでいちご味のアメを口で取る”というイベントを実施。「いちご狩り」では、アメを取れた人に「銀色」のポスターのほか、隣のWitchブースからもらってきたいちご打のポスターをあげたり、ニトロプラス提供の体験版CD-ROMを配ったりと、終始はちゃめちゃな盛り上がり方だったのだ。さすがはねこねこソフト(笑)
 ちなみに銀色~完全版~は昨年発売となったVNのDVD版(ただし、DVD-ROMドライブを持っていない人のため、CD-ROM版も同梱)。画質が高品質になり、さらにED曲「忘れ物、見つけた」のフルバージョンや新曲・アレンジ曲も追加して8月31日発売予定となっております。


「水の中に水夏のポスターが沈んでいるのがミソ」(ねこねこソフト)な「水夏割り」の跡(上)と、片栗粉の中のアメを探す「いちご狩り」2態(下)。水夏割りの写真を見ればわかるように、風船すくいもやっていたのだ
水夏割り水夏割り
いちご狩りいちご狩り

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ