このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PX-W2410TA/BS(PleXWriter 24/10/40A)

PX-W2410TA/BS(PleXWriter 24/10/40A)

2001年07月27日 21時34分更新

文● 内田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ベンチマークはもちろんトップ成績
トータルクオリティの高さはさすが

 今回のベンチマークテストは、これまでに本サイトで紹介したCD-RWドライブと同様に、

  1. 500MBのデータファイルを、「B's Recorder GOLD」を利用してオンザフライ書き込みでCD-Rメディアに記録したときの所要時間(ディスクアットワンスで書き込んだため、セッションを閉じる作業の時間まで含む)
  2. 10~200MBの大容量ファイル4個(計500MB)、および数K~10MB前後の小容量ファイル1428個(計500MB)を「B's CLiP」を使ってパケットライトでCD-RWメディア(HighSpeed CD-RW対応メディア)に書き込んだときの所要時間
  3. B's CLiPを使用し、HighSpeed CD-RW対応メディアを「完全フォーマット」したときの論理フォーマットにかかった所要時間

の3パターンを実施した。(1)(2)がCD-RおよびCD-RWへのデータ記録性能を見るテスト、(3)は論理フォーマット時に行われるCD-RWメディアの不良セクタ検索を利用して“CD-RWメディアの読み出し性能”を見るものだ(フォーマット時には、不良セクタを検索する際にCD-RWメディア全域を1度読み出すため)。なお、24倍速書き込みのテストには太陽誘電製の24倍速書き込み対応メディア「CDR-74TY」を使用した。また、ベンチマークテストに使用したドライブは、製品出荷前のサンプル版であり、ファームウェアのバージョンが出荷時のものとは異なるので、あらかじめご了承いただきたい。

図1 500MBのデータをCD-Rに一括書き込みしたときの所要時間(単位:秒)

 まず、世界最速記録に並んだCD-R書き込みは、同じ24倍速/ゾーンCLV書き込みドライブのCRD-BP1500P採用機(アイ・オー・データ機器CDRW-AB24B」、ロジテック「「LCW-G2410BAK」)をわずかに上回り、500MB書き込みでついに200秒を切る結果となった。これは、PoweRec-IIによる速度の切り換えポイントと、FlexSS-BPによる速度の切り換えポイントとが微妙に異なっていたのではないかと考えられる。似たような2つの機能だが、チェック内容が若干異なっていることを物語っているテスト結果だ。

図2 CD-RWメディアに大容量ファイル計500MB(45~230MBのファイル×4)および小容量ファイル計500MB(数KB~10MB前後×1428)をパケットライトで書き込んだときの所要時間(単位:秒)。

 パケットライトによるCD-RW書き換えテストの結果は、ここしばらくの他製品と特に差がない。CD-R書き込みがこれだけ高速になったので、CD-RW書き換え速度の向上(=さらに高速な書き換え規格の制定)にも今後期待していきたい。

図3 CD-RWメディアの論理フォーマットにかかった時間(単位:秒)。

 CD-RWメディアの読み出しテストは、40倍速読み出しのリコー「MP7200A」ヤマハ「CRW2200E-VK」に次ぐ好成績となった。本機のライバルにあたるCRD-BP1500P採用機は、編集部でのテスト結果が振るわなかったため、ここでは非常に大きな差がついてしまっている。

 PX-W2410TA/BSは、3種類のテストともに期待どおりの好結果を残しており、新たに装備された機能群も併せて考慮すると、トータルクオリティは非常に高い製品といえる。
 価格はオープンプライスで、実売価格は3万円前後。東京地区では7月27日から発売が開始され、全国に潤沢に出回るのは8月上旬と予定されている。2万円前後のUSB外付けCD-RWドライブの売上が非常に好調だという昨今だが、内蔵する手間とプラス1万円の予算を惜しまなければ、激安ドライブとは段違いの性能と安全で手間のかからない書き込み環境が入手可能だ。

 24倍速書き込みという前モデルよりも一段と高速になった書き込み性能を実現しながらも、高品質かつ安全な書き込みや正確な音楽CDのキャプチャなど、プレクスターが従来より注力しているポイントについてもさらに各機能が練りこまれたハイスペックな製品で、ハイエンドユーザー向けという印象が強い。しかし、メディア品質の個体差による書き込み失敗を防ぐPoweRec-IIや、おなじみのバッファアンダーラン防止機能のBURN-Proofにより、初心者~中級者でも便利でかつ安全・安心な書き込みができるので、「CD-RWドライブの購入は今回が初めて」という人にもお勧めしたい。

PX-W2410TA/BS(PleXWriter 24/10/40A)の基本スペック
書き込み 24倍速(ゾーンCLV)
書き換え 10倍速(CLV)
読み出し 40倍速(CAV)
読み出し(CD-RW) 32倍速(CAV)
オーディオトラック
デジタルキャプチャ
40倍速(CAV)
バッファメモリ 4MB
アクセスタイム 140ms
インターフェイス ATAPI
付属ソフト B's Recorder GOLD、B's CLiP、PlextorManager2000
価格 オープンプライス

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン