このページの本文へ

アキア、映像制作ソフトをバンドルしたPentium III-1.0BGHzデスクトップを発売

2001年07月26日 16時03分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アキア(株)は26日、アドビシステムズ(株)が販売している映像制作ソフトウェアのパッケージ『Adobe Digital Video Collection 日本語版』をバンドルしたデスクトップパソコン『GM312/100-DRCD』を発表した。価格は28万4800円。同日付けで、ダイレクトセールス部(TEL.03-5354-4888)とウェブサイト“The NetDirect” で受注を開始し、出荷開始は8月中旬の予定。

『GM312/100-DRCD』
『GM312/100-DRCD』

『GM312/100-DRCD』の基本仕様は、Pentium III-1.0BGHz、256MBのメモリー、60GBのHDD(UltraATA/100)、DVD&CD-R/RWコンボドライブ(DVD読み込み8倍速/CD-R書き込み8倍速/CD-RW書き換え4倍速)、NVIDIA社の『GeForce2 GTS』を搭載し、プレインストールOSはWindows 2000。本体サイズは幅94×奥行き370×高さ325mm、重量は約6.5kg。アプリケーションとしてロキシオ社のライティングソフト『Easy CD Creator 4』などが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン