このページの本文へ

NEC、音声認識可能な海外旅行用英会話ソフトを発売

2001年07月23日 13時29分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は23日、旅行向け英会話支援ソフト『たび通(アメリカ旅行編)』を8月3日に発売すると発表した。

たび通は、旅行英会話にフォーカスし、音声で入力した日本語/英語の会話文を翻訳、合成音声で読み上げる英会話支援ソフト。

たび通画面
旅行向け英会話支援ソフト『たび通(アメリカ旅行編)』の画面。日本語文を音声入力すると、英文に翻訳して読み上げる

音声認識技術として、『SmartVoice Ver.4.0』の音声認識エンジン技術をベースに旅行会話向けの日本語音声認識エンジンを開発したほか、日本語音声認識エンジン技術をもとに英語(アメリカンイングリッシュ)の英語音声認識エンジンを新規開発し、それぞれ搭載している。

また、旅行会話向けの日英/英日翻訳エンジンも開発、旅行用に地名やランドマーク、米国主要観光地や国立公園名などの語彙を強化したという。

ホテルのチェックインやレストランでの注文等、旅行先で想定される旅行英会話例文(日本語例文と対訳英文)を約7000通り搭載しており、“ホテル”“レストラン”といった場面と、“質問する”“要求する”などの目的を組み合わせて日本語例文を検索できる。検索した例文は翻訳し英文読み上げが可能。音声やキーボードでの単語/文章入力による例文検索も行なえる。

また、過去に訳した文を履歴として保存できるほか、履歴文を音声で読み上げたり、履歴一覧から必要な部分を印刷したりすることも可能。

対応OSはWindows 98/Me/2000/NT4.0。音声入力用のハンドマイクと、学研電子辞典『楽しむ辞典スーパー・アンカー英和・和英辞典』が付属する。価格は2万9800円。

本日行なわれた説明会で、NECソリューションズパーソナルソリューション事業部長代理の宮井均氏は、「日本人の海外旅行者のうち、米国旅行者は全体の約3割でトップ。英会話に対するニーズは増加傾向にある。『たび通』は旅行というシチュエーションにフォーカスした英会話支援のためのコミュニケーションソフト。ターゲットユーザーは、英語を多少聞き取れるが言いたいことが英語で言えない人や、米国旅行にあたり旅行会話本より便利な手段を希望する人」としている。

なお、今回発表されたのは“アメリカ旅行編”という名称だが、他国編などのシリーズ化については検討中という。

説明会出席者
NECソリューションズパーソナルソリューション事業部長代理の宮井均氏(右)と、同事業部マネージャーの西浦充氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン