このページの本文へ

NEC、パソコンの開発生産で新会社を設立

2001年07月11日 21時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は10日、国内におけるパソコンの開発生産・資材調達・品質・保守サポートに全責任を持つ“DMS(Design engineering Manufacturing & Service)”会社として、“NECカスタムテクニカ株式会社”(NEC CustomTechnica, Ltd.)を9日付けで設立したと発表した。これは、現在複数の生産会社に分散しているパソコンの開発・生産体制を一元化し、トータルサプライチェーンマネージメントの効率化を図るために設立するもの。米沢日本電気(株)、群馬日本電気(株)、日本電気データ機器(株)と新潟日本電気(株)のパソコン関連部門を統合する。営業開始は10月1日。資本金は15億円(設立時)。社長には米沢日本電気(NEC米沢)代表取締役社長の片山徹氏が就任する。本社の所在地は、東京都大田区大森本町。従業員数は約2000名。設立後1年間で約5500億円の売り上げを計画している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン