このページの本文へ

メルコ、CFスロット用LANカードと128MBのSDメモリーカードを発売

2001年07月06日 02時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは5日、“BUFFALO”ブランドの新製品として、コンパクトフラッシュ(CF)スロット用の10Mbps対応LANカード『LPC-CF-CLT』と、128MBのSDメモリーカード『RSDC-128M』の2製品を発売すると発表した。価格は、LANカードが4980円で8月下旬出荷予定、SDメモリーカードが2万4500円で7月下旬出荷予定。

『LPC-CF-CLT』
『LPC-CF-CLT』

『LPC-CF-CLT』は、10BASE-Tに対応したコンパクトフラッシュサイズのLANカード。携帯や収納時にじゃまにならないようにジャック部分には開閉式の“RJ-45 Wing Jack”を採用する。電源電圧は3.3V。消費電力は最大270mW。本体サイズは、幅88×奥行き4×高さ43mm(CF部とインターフェース部を含む)、重量は24g。CDスロットを装備するPocket PCやハンドヘルドPCのほか、コンパクトフラッシュ用アダプター『RCF-A』(1000円)を装着すれば、PCカードスロット(Type II)を搭載するPC/AT互換機でも利用できる。対応OSはWindows CE2.0/2.1/3.0、Windows 98/Me/2000。プラグ&プレイに対応する。

『RSDC-128M』
『RSDC-128M』

『RSDC-128M』は“SD Memory Card Specification Ver.1.0”に準拠した128MBの容量を持つSDメモリーカード。不正コピー防止機能“SDMI(Secure Digital Music Initiative)”規格に準拠しており、NTTドコモの音楽配信サービス“M-stage music”に対応する。電源電圧は2.7~3.6V、消費電流は最大80mA。本体サイズは幅24.0×奥行き2.1×高さ32.0mm。製品にはSDメモリーカードを3枚収納できる名刺サイズのケースが標準で付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン