このページの本文へ

手持ちの電源をPentium 4対応にできる変換ケーブルが発売

2001年07月06日 00時01分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
変換コネクタ

 徐々に身近な存在になりつつあるPentium 4だが、いざ移行するとなるとネックは電源。対応電源にしろ対応電源付きケースにしろ、購入すれば結局“全とっかえ”にならざるを得なかったのだが、そこに既存の電源をPentium 4に完全対応させることができる変換ケーブルが登場した。発売元は(株)CTSである。



AUXが出せます

 製品は2つの変換ケーブルのセットとなっており、1つはドライブ用の12VコネクタからCPU用の12V4ピンコネクタへの変換ケーブル。そしてもう1つが、電源用の20ピンコネクタから3.3Vと5VのAUXコネクタを取り出すケーブルである。
 とりあえず動作させるための12V4ピンコネクタに変換するケーブルはこれまでにもあったが、AUXコネクタを取り出せる製品はこれが始めて。これさえあれば、既存の電源をコネクタ規格の上では完全にPentium 4対応にすることができるわけである。



2本セット

 ただし、あくまでコネクタの上での話であって、電源容量的に対応できるかどうかは当然保証されないので注意が必要だ。
 価格はコムサテライト3号店で880円である。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ