このページの本文へ

新コアのPentiumIII-S、今度は1.26GHzがアキバに並びだした!

2001年07月05日 20時02分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
1.26GHz
コアはPentium III-S-1.13GHzと同様、ヒートスプレッダで覆われている

 先週、Pentium III-S-1.13GHzが登場して話題になったが、今度は動作クロックがアップしたPentium III-S-1.26GHzが、夕方から複数のショップに入荷した。製造プロセスは0.13μmで、2次キャッシュは512KB、動作電圧は1.45Vと1.13GHzと変化なし。これらの情報は、CPU表面の下に記されている番号“1266/512/133/1.45”から判断することも可能だ。


 また、今回登場したPentium III-S-1.26GHzのS-Specは“SL5QL”となっているが、インテルのデータシートによると“SL5LW”というものもあるようだ。

裏面
裏面にも変更点はない

 なお、こちらで検証しているPentium 4-1.8GHzのベンチマークテストでは、あわせてPentium III-S-1.13GHzの結果も公開しているが、軒並み好成績を収めており、512KBの2次キャッシュがきいていることがわかる。後ほどこちらのコラムでも検証予定であるが、オーバークロック性能についても期待がかかるところだ。ただ、今回の1.26GHzにせよ、1.13GHzにせよ入手が絶望的に困難であるということ、割高でコストパフォーマンスが良くないことなど、購入はもう少し先と考えざるをえないだろう。

 入荷しているのは秋葉館Win、コムサテライト3号店、高速電脳で一律6万1800円。高速電脳では売り切れ。他のショップでも入荷数はごくわずかなので、入手できた人はラッキーかもしれない。

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ