このページの本文へ

ネロ・グラフィックス、3DCGレンダリングシステム『LUXOR-Rlib』を発表

2001年07月04日 21時52分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネロ・グラフィックスは4日、3DCGレンダリングシステム『LUXOR-Rlib(ルクソール・アールリブ)』を発表した。

『LUXOR-Rlib』は、同社が開発した超高精細・高品質イメージを作成できる国産のレンダリングソフト。ポリゴンベースのジオメトリのほか、“NURBS(Non-Uniform Rational B-Splines)”モデルの直接レンダリングも行なえる。主な機能は、形状ポリゴンや2次曲面、3次元画像のアイソサーフェスの操作、自由曲面の直接レンダリング、ディスプレースメントマッピング、フォトンマップによる大域照明モデル、ボリュームやパーティクル、モーションブラー/デフォーカス、サブディビジョンサーフェスなどで、プラグインによるモジュール化、マルチスレッドやネットワークによる分散処理にも対応している。

『LUXOR-Rlib』でレンダリングしたイメージ
『LUXOR-Rlib』でレンダリングしたイメージ

LUXOR-Rlibは、製品名から推測できるように、C/C++のアプリケーションにリンクして利用するライブラリーとして提供される。現時点でWindowsと、SGIのUNIX OSであるIRIX上で稼働しているが、C++コンパイラーを利用できるほとんどの環境に移植可能としている。

同社では、3Dウェブなどのエンターテイメント分野、工業デザインなどの高精細・高品質な3Dイメージを必要とするメーカーへのライセンス販売や、CADソフトのメーカーにレンダリングエンジンとしてライセンス供与を計画しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン