このページの本文へ

ニューズ・ツー・ユー、インターネットによる企業広報支援サービスを開始

2001年07月04日 16時00分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ニューズ・ツー・ユーは4日、インターネットを利用した企業広報支援サービス“News2u.net”(ニューズ・ツー・ユー・ネット)を9日に開始すると発表した。

神原社長
同社代表取締役社長の神原弥奈子氏。「われわれは、広報を経営技術のひとつであると考え、IT時代のコーポレートコミュニケーション構築を支援する。サービスポリシーは、信頼できる企業情報を公平に届けること。企業ユーザーに満足してもらえるサービスを目指したい」

News2u.netは、企業の事業規模や上場/非上場などに関係なく、登録した企業すべてを対象に、企業が発信するニュースリリースなどさまざまな企業情報を紹介するサービス。

News2u.netに登録した企業が、専用ウェブサイトにアクセスして、ニュースリリースなど発信したい情報を入力し、配信したいメディア媒体を設定すると、News2u.netの情報配信システムから、媒体各社にその情報がFAXやメールで配信される仕組みとなっている。配信可能なメディア媒体は、全国紙や地方紙、一般誌、専門誌など約1300媒体。

一般ユーザーは、News2u.netの通常サイトから、登録企業が発信した最新ニュースリリースを閲覧可能。過去のリリースも、企業名や業種、キーワード、リリース日などから検索できる。一般ユーザーの利用は無料。

News2u.netに登録を希望する企業は、登録時に(株)帝国データバンクの発行する電子証明書が必要。帝国データバンクの電子証明書は、帝国データバンク社員が直接その会社に赴き、会社が実在するか、営業しているかを調査し発行するもので、これにより“なりすまし”や“誤情報配信”を防止するという。

料金体系は、初期登録料金(利用ID料、電子証明書発行料)が3万円、サイトサービス利用料が月額1万2000円(6ヵ月契約)、利用ID追加発行料が1万円。なお、早期登録キャンペーンとして、8月末までは初期登録料が1万円となる。

なお、オプションサービスとして、“リリース原稿作成校正サービス”(1万円)、“リリース原稿作成サービス”(2万円、取材付きは7万円)、媒体リストを選定する“配信メディア選定&プッシュサービス”(3万円)、記事掲載結果をレポートする“クリッピングレポートサービス”(5万円~)、“広報コンサルティングサービス”(月額50万円~)も用意されている。

そのほか、バックオフィスサービスとして、商標出願やビジネスモデル特許出願のサポート、各種市場調査などを行なう“法務関連サービス”、ドメイン取得やホームページ制作、動画コンテンツ制作などの“インターネット関連サービス”なども提供するという。

さらに同社は、今後の展開として、オンライン社内報作成ツールなどインターネットを活用した従業員とのコミュニケーション活性化支援サービス“Employee Relations Service”を9月に、各種オンラインマーケティングツールを提供するサービス“Customer Relations Service”を10月に、投資家への情報提供サービス“Investor Relations Service”を12月にそれぞれ開始するとしている。

News2u.netの利用予定企業は、明石淡路フェリー(株)(運輸業)、(株)インプレス(サービス業)、(株)オープンループ(サービス業)、(株)サンラヴイアン(製菓業)、(株)ジー・プラン(サービス業)、常石造船(株)(製造業)、マネックス証券(株)(金融業)、ワイノット(株)(サービス業)など計15社(4日現在)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン