このページの本文へ

携帯4社、首都圏の地下駅などで利用エリアを拡大

2001年07月02日 17時56分更新

文● ポケットアスキー 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ、ジェイフォン東日本(株)、(株)ツーカーセルラー東京、(株)ケイディーディーアイの4社は2日、6月に首都圏の地下鉄駅などで携帯電話の利用可能エリアを拡大したと発表した。営団地下鉄南北線/有楽町線、東急電鉄目黒線/田園都市線、横浜市営地下鉄の計5路線を対象に、駒込、王子、目黒、新横浜など19の駅がサービスエリアとなった。

6月に拡大したエリア
  • 営団地下鉄 南北線
     王子、王子神谷、駒込、志茂、西ヶ原、東大前
  • 営団地下鉄 有楽町線
     東池袋駅、護国寺、桜田門、氷川台、千川、豊洲
  • 東急電鉄 目黒線
     目黒、大岡山
  • 東急電鉄 田園都市線
     中央林間、用賀
  • 横浜市営地下鉄
     あざみ野、伊勢佐木長者町、新横浜

4社は、ユーザーが利用できる地下駅、トンネルなどのエリア拡大に、今後も積極的に取り組んでいくとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン