このページの本文へ

省スペースPC自作派に朗報! 5インチベイ1つにFDDとCD-ROMドライブが収まった!

2001年06月30日 22時50分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
詰まってます

 5インチベイ1つのスペースにCD-ROMドライブとFDDを内蔵しユニット化した「FV-024」が登場した。



コネクタ部

 ユニットにはノート用のスリムタイプCD-ROMドライブと3.5インチFDDがあらかじめ搭載されており、高さもちょうど1つのベイに収まるサイズとなっている。CD-ROMは厚さ12.7mmのTEAC製24倍速「CD-224E」である。同種のものとしては創朋の「I-Drive」があるが、こちらは共にノート用の薄型タイプしか使用できず、ドライブ選択の幅はこちらが勝っていると言えよう。
 ノート用CD-ROMドライブにはスリムIDEコネクタから通常のIDEコネクタへの変換アダプタが装着済みで、そのまま普通のCD-ROMドライブと同じく接続できる点もありがたい。ただし電源コネクタはFDDと同じ小型のものなので注意が必要だ。



AF-001
AF-001。ホワイトモデルもある

 FDDが省かれているレガシーフリーの小型ベアボーンPCなどで標準のCD-ROMの代わりにこれを装着すれば、FDDも使用でき、CD-ROMもノート用のDVD-ROMドライブやCD-RWドライブでアップグレードできるというわけである。
 黒と白の2色のカラーバリエーションがあり、価格はコムサテライト2号店と3号店で1万3800円。またFDDとCD-ROMドライブを搭載していないベイアダプタ単体(IDE変換アダプタは付属)の「AF-001」も発売されており、価格は5800円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ