このページの本文へ

ロジカルイフェクト、Pentium 4-1.5GHz搭載パソコンを9万9700円で発売

2001年06月27日 20時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジカルイフェクト(株)は27日、“SLM(Super Low Cost)”シリーズに、Pentium 4-1.5GHz搭載モデル『SLM2001 GP4』を追加し、7月2日に販売を開始すると発表した。価格は9万9700円。

『SLM2001 GP4』
『SLM2001 GP4』(ディスプレーとスピーカーはオプション)

『SLM2001 GP4』は、Pentium 4-1.5GHz、128MBメモリー、850チップセット、10GBのHDD(UltraATA/100)、32倍速CD-ROMドライブ、RIVA TNT2 M64 32MB AGPグラフィックスカードを搭載し、PS/2マウスと109キーボードが付属する。電源はATXの250W。本体サイズは、幅198×奥行き430×高さ433mm。OSはWindows Meをプレインストールする。

価格は9万9700円、14インチTFT液晶ディスプレーとのセットが14万1700円、15インチTFT液晶ディスプレーのセットが14万3700円、17インチCRTディスプレーとのセットは11万8700円となる。本体のみでは8万6700円。

同社は併せて、Pentium III-1GHzを搭載した『SLM2001 GP3』の販売を開始すると発表した。メモリーは64MB、チップセットはSiS630E、OSがWindows Meで、本体サイズは、幅195×奥行き388×高さ375mm。価格は6万9700円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン