このページの本文へ

カシオ、Windows CE 3.0搭載のカラー表示対応PDA『BE-300』を発表

2001年06月26日 16時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

カシオ計算機(株)は26日、“カシオペア”の新シリーズとして、カラー液晶を搭載した普及価格帯の携帯情報端末(PDA)『BE-300』を発売すると発表した。北米で9月に発売し、日本では秋に発売する予定。価格は推定小売価格で300ドル(約3万7000円)以下を想定しているという。

『BE-300』『BE-300』

『BE-300』は、CPUに280MIPSの処理性能を持つ日本電気のVR4131-166MHz、解像度が320×240ドットの3.2インチカラーSTN液晶ディスプレー、16MBのROM(フラッシュメモリー)と16MBのRAMを搭載し、コンパクトフラッシュ(Type II)カードスロット、USB/RS-232Cインターフェースを装備する。電源は専用リチウムイオン充電池で、寿命は通常の使用で約1週間。OSには組み込み用のWindows CE 3.0を採用する。PIMソフト(Calendar/Contracts/Tasks/Notes)とHTMLメールに対応したメールソフト、HTML3.2準拠のウェブブラウザーなどが付属する。本体サイズは幅76×奥行き17.9×高さ121mm、重量は167g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン