このページの本文へ

ロジテック、24倍速書き込みのCD-RWドライブを発売

2001年06月22日 23時14分更新

文● デジタルバイヤー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は22日、CD-R/RWへの書き込みエラーを防ぐためのバッファーアンダーランエラー防止機能“BURN-Proof”を搭載した、24倍速書き込み対応CD-RWドライブ『LCW-G2410Bシリーズ』3製品を発表した。6月下旬に出荷を開始する。

外付けタイプ2製品の外観は共通。アルミ筐体に合わせて前面パネルもメタリックシルバーを採用
外付けタイプ2製品の外観は共通。アルミ筐体に合わせて前面パネルもメタリックシルバーを採用
今回発表したのは、
  • IEEE1394&USB 1.1の2系統インターフェース“DuoPort”対応の外付けタイプ『LCW-G2410BFU』
  • UltraSCSI&USB 1.1の“DuoPort”対応の外付けタイプ『LCW-G2410BSU』
  • ATAPI(UltraATA)接続の内蔵タイプ『LCW-G2410BAK』

の3製品。

CD-RWドライブユニットは3製品共通で、CD-R書き込み24倍速/CD-RW書き換え10倍速/CD読み出し40倍速のスペックを持つ。ただし、性能をフルに発揮するにはIEEE1394/UltraSCSI接続(外付けタイプ)か、ATAPI接続(内蔵)が必須。USB 1.1で接続した場合は、書き込み/書き換え/読み出しとも最大8倍速相当(毎秒約1.2MB)となる。メディアの回転速度管理は、内周16倍速/中周20倍速/外周24倍速と3段階に速度を切り替える“ゾーンCLV”方式。

外付けタイプは、放熱効果の高い“一体型アルミボディ”を採用し、前面パネルをプラスチックのシルバーメタリックカラーで統一したデザインを採用している(内蔵タイプの前面パネルはオフホワイト)。

内蔵タイプの『LCW-G2410BAK』
内蔵タイプの『LCW-G2410BAK』。“Logitec”ロゴが前面パネルに付けられている

いずれも、アプリックス製CDライティングソフト『WinCDR Standard Editon』、『MacCDR』(内蔵タイプはWinCDRのみ)と、パケットライトソフト『PacketMan』、CD TEXT対応音楽CDプレーヤー『Logitec CD PLAYER』、画像管理ソフト『フォトエクスプローラ OEM』『同 Mac』が付属する。

価格は、外付けタイプのLCW-G2410BFUが5万2000円、LCW-G2410BSUは4万9000円、内蔵タイプのLCW-G2410BAKは3万7000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン