このページの本文へ

プーマテック、ウェブサイト制作者が更新通知を簡単に行なえるサービスをASPで提供

2001年06月22日 14時17分更新

文● 編集部 中西祥智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プーマテック ジャパン(株)は21日、ウェブサイトの制作者がエンドユーザーへのウェブサイト更新通知を簡単に行なえる“Mind-it ボタンサービス”を同日開始したと発表した。

“Mind-it ボタンサービス”では、ウェブサイトの制作者がHTMLに以下の一文を追加すると、サイト上に“Mind-it ボタン”を生成する。

追加する一文
“Mind-it ボタン”を生成するHTML

エンドユーザーはそのボタンをクリックしてプーマテックのサーバーが提供する入力フォームへと移動し、メールアドレスなどを入力して登録すれば、ウェブサイトの更新通知がメールで配信されるようになる。

メールアドレスの登録・削除、ページ更新のモニター、エンドユーザーへの通知メールの配信などのサービスはプーマテックよりASP(Application Service Provider)サービスとして提供するため、ウェブサイト側への負荷などは発生しないという。エンドユーザーの各種統計データなどもプーマテック側で集計しており、それらのデータも利用できる。

利用料金はウェブサイト1登録あたり年間9万8000円で、5個までの“Mind-it ボタン”を使用できる。ボタン名などは自由に変更可能。登録メールの内容のカスタマイズなどのサービスも、別途提供する。同社では、初年度で約3000サイトの利用を見込んでいる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン