このページの本文へ

マジックソフトウェア、ジャストの『ConceptBase』を統合したe-CRM製品を発売

2001年06月19日 15時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マジックソフトウェア・ジャパン(株)は19日、同社のe-CRM(customer relationship management)製品『Magic eService』に、(株)ジャストシステムのナレッジマネジメントシステム『ConceptBase』を組み込んだ『Magic eService with CB Search』を、同日から販売すると発表した。価格は1サーバーあたり380万円からとなる。

『Magic eService』は、サービス提供のワークフローを効率化し、サービス部門の業務全体をリアルタイムに一覧表示できるウェブベースの顧客サービス管理システム。ウェブアプリケーション開発環境を提供する『Magic Tool』で開発されるため、カスタマイズや既存システムとの統合が容易に行なえるという。

今回、『ConceptBase Search』を組み込むことにより、蓄積された文書やデータの利用が可能になる。ユーザーには、自己解決のための“セルフサービス機能”を提供し、サービス部門には、回答を作成するための“事例検索機能”を提供する。大企業、中規模企業向けの製品。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン