このページの本文へ

ニコン、デジタルカメラ『COOLPIX 995』に不具合

2001年06月15日 22時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ニコンは15日、6月8日に発売した334万画素の新CCDと光学4倍ズームを搭載したマグネシウム合金製デジタルカメラ『COOLPIX 995』に関して、以下の現象が発生すると発表した。

  1. レンズを液晶ディスプレー側に向けて対面撮影した画像を拡大したときに、明暗の境界にギザつきが生じる。
  2. レンズを液晶ディスプレー側に向けて対面撮影した後に、液晶ディスプレー画像に乱れが生じ、フリーズする場合がある。

同社では、原因の調査と、ファームウェアによる対応について検討しているという。対応時期については準備ができた時点で発表するとしている。

『COOLPIX 995』
334万画素CCDと光学4倍ズームを搭載したマグネシウム合金製の『COOLPIX 995』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン