このページの本文へ

携帯メモリ編集ソフト徹底比較

番外編II ~PHSにも対応のメモリ編集ソフト~

2001年06月20日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

番外編II
 ~PHSにも対応のメモリ編集ソフト~

H”やPHSにも対応する
「携帯ほいほい Ver6.3」

携帯ほいほいパッケージ
PHSにも対応する携帯メモリ編集ソフト。PHS対応はほとんどないので貴重な1本だ。
 「携帯ほいほい Ver6.3」は、携帯電話以外に、H”、アステル、NTTドコモ(PHS)などのPHSにも対応するという、珍しい携帯メモリ編集ソフトだ。今回、本編できっちり紹介したかったのだが、入手できたβ版では503iシリーズでの動作確認などが行えなかったため、残念ながら番外編での掲載となった。



携帯ほいほいメイン画面
メイン画面でメールの閲覧や着信メロディの転送を行い、携帯メモリ編集は別ウィンドウで行う。
 携帯ほいほいを起動すると、左に送受信メールを参照するためのツリー表示、右上に各機能のアイコンが並ぶメイン画面が表示される。このメイン画面では、メール内容の閲覧や作成といったメール管理と、着信メロディの転送が行える。iモードのメールも読み込みと転送が可能だ(機種によって異なる)。携帯メモリ編集を行うには、「電話帳編集」アイコンダブルクリックする。



メモリ編集画面
基本項目+αを上部で入力し、拡張項目は「拡張」ボタンを押して表示された画面から入力する。ちなみに写真画像は固定だが、将来は変更できるかも。
 携帯メモリ編集画面では、画面上部で基本項目に加え、電話番号3つ、メールアドレス1つを編集でき、機種ごとに異なる拡張項目は、「拡張」ボタンをクリックして表示されたダイアログボックスで入力する。下の一覧表示にある各項目名をクリックすると、ソートが可能だ。
 503iシリーズでは、N503i、P503i/s、F503iのマルチダイヤルとメールアドレスの読み書きが可能で、SO503iとD503iは、基本項目の読み書きを保証しているという。

 PHSと携帯電話両方をお持ちでアドレス帳を同期したいという人は、試してみてはいかがだろうか。


「携帯ほいほい Ver6.3」のスペック表
製品名 携帯ほいほい Ver6.3
価格 iMode専用シリアルケーブルWindows版 4800円
iMode&cdmaOne両用シリアルケーブルWindows版 5800円
iMode&cdmaOne両用シリアルケーブルMacintosh版 5800円
Windows/MacintoshUSBケーブル版 1万2800円
Windows/Macintoshケーブルレス版 4800円
Windows/Widows CEシリアルケーブル版 6800円
発売元 (有)電机本舗
問い合わせ先 03-5449-7057
URL http://www.dnki.co.jp/
メールデータ管理
待ち受け画面編集 ×
着信メロディ編集 ×(アステルのみ○)
ブックマーク編集 ×

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン