このページの本文へ

日立、A4フルカラーレーザープリンター『BEAMSTAR-PriusLaser4220』を発売

2001年06月14日 16時34分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所のデジタルメディアグループは13日、カラーレーザープリンター『BEAMSTAR』シリーズに、A4対応のフルカラーレーザープリンター『BEAMSTAR-PriusLaser4220』を追加すると発表した。29日に出荷を開始する。

『BEAMSTAR-PriusLaser4220』
『BEAMSTAR-PriusLaser4220』

同製品は、アドビシステムズ社純正のPostScript 3ソフトウェアを標準で搭載。ページ記述言語にPostScript 3を採用したことで、PDFとの親和性を高め、WindowsやMacintosh、UNIXの混在したマルチプラットフォームにおいても、1台で印刷が行なえるようになる。また、従来モデル『BEAMSTAR-NP』に比べ、印刷速度が1.5倍となり、A4サイズを毎分6枚でカラー印刷、毎分24枚でモノクロ印刷を行なえる。用紙サイズは、A4とB5、葉書きなどに対応。印刷媒体は、普通紙をはじめ、OHPシート、ラベル紙、厚紙に対応する。解像度は1200×600dpi。本体サイズは幅500×奥行520×高さ421mm。重量は約39kg。価格は、39万8000円。インターフェースは、双方向パラレルと100BASE-TX/10BASE-T。

ランニングコストは、A4サイズ印刷時に、カラー1枚12.3円、用紙代を含めて約15.5円。オプションの両面ユニットを取り付けることで、両面カラー印刷にも対応できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン