このページの本文へ

『Sendmail』の敵は『sendmail』――Sendmail、『Sendmail Switch 2.1 日本語版』を発表

2001年06月08日 22時16分更新

文● 編集部 中西祥智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米Sendmail社は8日、幕張メッセで6日より開催中の“NetWorld+Interop 2001 Tokyo”の会場内で記者発表会を開催し、メール配信ソフトウェア『Sendmail Switch(センドメール スイッチ) 2.1 日本語版』を発表した。出荷は1日に開始している。

『Sendmail Switch 2.1 日本語版』
『Sendmail Switch 2.1 日本語版』

『Sendmail Switch』は、オープンソースのメール配信ソフト『sendmail』の商用版(商用版はSが大文字、オープンソース版はsが小文字)。オープンソース版との違いは、米Sendmailや販売代理店によるサポートがあることと、運用管理機能があること、メールに対するフィルター機能があることなど。また、オープンソース版は『sendmail』サーバー間のメールの移動を暗号化せずに行なっていたが、商用版はPKI(Public Key Infrastructure)によって暗号化する。同社によると『Sendmail』はメール配信ソフトの市場で、オープンソース版および商用版合わせて、61%のシェアを持つという。

記者発表会で、米Sendmail会長兼ビジネス開発担当取締役副社長のグレッグ・オルソン(Greg Olson)氏は、米Sendmailは近年大きく伸びているアジア市場への進出を拡大し、東京にも事務所を開設して日本市場を重視しており、また国内での販売代理店(※1)に期待していると語った。

※1 (株)アスキー・エヌ・ティ、トランス・コスモス(株)の2社。

グレッグ・オルソン会長兼ビジネス開発担当取締役副社長グレッグ・オルソン会長兼ビジネス開発担当取締役副社長

また、日本市場における自社の強みとして、『Sendmail Switch』を完全に日本語化していることや、同社のメールサーバーソフト『Sendmail Advanced Message Server』に、ウェブメールやiモード、WAP(Wireless Application Protocol)に対応するアドインソフト『Sendmail Mobile Message Server』をアドインすることで、携帯電話向けメールに対応できることなどを挙げた。

『Sendmail Switch 2.1』は、オープンソースの『sendmail 8.11』をベースにしている。今回のバーションアップで新たに、トラフィックの量やサーバーの状態などをGUIで確認できる機能や、同じくGUIでの運用管理や設定機能、メールサーバーの状態の監視機能などを追加し、メールに対するフィルター機能を充実させた。

管理画面トップ

フィルター機能では、特定の語句(たとえば“I Love You”など)が入ったメール、MPEGなど特定の種類のファイルを添付したメールなどを受け入れないように設定できる。

『Sendmail Switch 2.1』のパッケージは3種類。『Sendmail Single Switch 2.1』はMTA(Mail Transfer Agent)とGUIツールで構成される、単一のサーバー向け。『Sendmail Secure Switch 2.1』では『Sendmail Single Switch 2.1』では一体化しているMTAとGUIツールを別プログラムで提供する。『Sendmail Multi Switch 2.1』は、複数のサーバーの設定管理を一元的に行なう、大規模な組織向け。

対応OSは、日本語版はSolaris 2.6/2.7/2.8、Red Hat Linux 6.1/9.2/7.0。英語版はさらに、Windows NT 4.0(SP6a)/2000やAIX 4.3.3、HP-UX 11.xなどにも対応する。日本語版も今後対応していく予定。 価格は1サーバーあたり29万8000円からとなっている。

同社によると、『Sendmail Switch』の最大の競合相手は『sendmail』(つまりオープンソース版)だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン