このページの本文へ

J-COM、CATVインターネットの下りを2Mbpsに高速化

2001年06月07日 23時21分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジュピターテレコムは、CATV網を利用したインターネット接続サービス“J-COM@NetHome”の下り速度を2Mbpsに高速化すると発表した。7月1日に提供を開始する。

下りを2Mbps(ベストエフォート方式)に変更する以外は、上り速度の128kbps(ベストエフォート方式)や、月額利用料の6500円(地域により異なる)などの変更はないという。対象となるのは“J-COM@NetHome”ブランドでアットホームジャパン(株)がサービスを提供している北海道/関東/九州エリアのJ-COM局によるインターネット接続サービス。

なお、同社は、2月にグローバル・クロッシング・ジャパン(株)、(株)インターネットイニシアティブ、ケイディーディーアイ(株)と、バックボーンの増強で提携を発表している。4月の時点でのパックボーン容量は、2.735Gbpsという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン