このページの本文へ

“デュアル対応Palomino”ことAthlon MP-1.2GHzが販売開始!!

2001年06月07日 20時17分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Athlon MP-1.2GHz
Athlon MP-1.2GHz

 5日の記事で紹介したマルチプロセッサ対応版Athlon「Athlon MP」の販売が7日から始まった。Athlon MPはコードネーム“Palomino”と呼ばれていたCPUのうち、サーバ/ワークステーション用となるモデルの正式名称。モバイル用途のPalominoは“Mobile Athlon 4”と名づけられているが、こちらには“4”は付かなかった。なお“MP”は“Multi Processor”の略である。



コア
Athlon MP-1.2GHzのコア

 表面のマーキングは上段が“AHX1200AMS3C”となっており、クロックを示す数字の前に“HX”の文字が増えている。これはUSER'S SIDE本店に入荷していたES品と同じであり、AMDのデータシート“AMD Athlon MP Processor Model 6 Datasheet”によるとこのHXとは“High-Performance Processor for Multiprocessing”、つまりマルチプロッサに対応する高性能CPUという意味である。
 クロック表記(1200=1.2GHz)の後ろを順に見ていくと、“A”はCPUソケットタイプ“PGA”、“M”が動作電圧“1.75V”、“S”がThermal Spec(温度上限)“95℃”、“3”がL2キャッシュ“256KB”、そして最後の“C”が“FSB 266MHz”を示している。
 また、ロットナンバーと思われるマーキングの2段目は、すでに桁数が変更されているAthlon-1.4GHzやAthlon-1.33GHzと同じく13桁。“AGFCA0120MPMW”と刻印されている。



ブリッジ

 見た目の違いで印象的なのはコアの大きさと形状。従来より少し大きくなったようで、形も長方形から正方形になっている。また従来は倍率変更の要だったL1ブリッジが従来の4本から1本増えて5本になっており、これらはすべてクローズになっている。このほかブリッジの全体の数も従来の7グループから11グループへと大きく変化。これらのブリッジが何を意味するのかは現時点では不明だが、人柱の心をくすぐりそうだ。

 従来のAthlonとAthlon MPの違いは下記のとおり。


AthlonとAthlon MPの比較
AthlonAthlon MP
ピン数462462
製造ルール0.18μm0.18μm
トランジスタ数3700万個3750万個
ダイサイズ120mm2128mm2
付加機能Enhanced 3DNow!3DNow! Professional
裏面
ピン配列は従来のAthlonと同じ

 当然ではあるが、Athlon MPはAMD760MPチップセット搭載マザーボードと組み合わせての使用が想定されている。Athlon MPとAthlonは同じSocketA用CPUであり、バス駆動電圧なども同じだが、現在流通しているマザーボードで正しく動作する保証はない。よって従来のマザーボードで使う場合は自己責任となるので注意しよう。



ポップ
高速電脳では、Athlon-1.4GHzよりもAthlon MP-1.2GHzの方が2000円高い

 なお、7日現在、入荷が確認できたのは高速電脳のみ。クロックは1.2GHzのみとなっており、米国・日本におけるAMDの発表の際にラインナップされていた1GHz版は入荷していない。ちなみに高速電脳では10個入荷したそうだが、取材時点ですでに残りは3個となっていた。価格は3万1800円と若干高めになっているが、AMDの発表しているプライスリストでもAthlon-1.4GHzよりAthlon MP-1.2GHzの方が高くなっているので、Athlon-1.4GHzの市場価格を考えると妥当なところと言えるかもしれない。



Athlon-1.4GHz(FSB 200MHz版)
FSB 200MHz版Athlon-1.4GHz

 ちなみに高速電脳では、同時にFSB 200MHz版Athlon-1.4GHzの販売をスタートさせている。マーキングは“A1400AMC3B”となっており、“B”からFSB 200MHz版だということが判断できる。こちらの価格は2万8800円。また、先週から一部のショップでフライング販売が始まっていたAthlon-1.4GHz(FSB 266MHz)のリテールボックスも販売を開始しており、こちらは3万1800円となっている。複数ショップによれば、このAthlon-1.4GHzのほかDuron-950MHzのリテールボックスも今週中に販売開始予定とのこと。



Athlon-1.4GHzリテールボックス
Athlon-1.4GHzのリテールボックス
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ