このページの本文へ

第1四半期の携帯電話販売数は9670万台――データクエスト調べ

2001年05月31日 23時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ガートナーグループ(株)のデータクエスト部門は31日、全世界の2001年第1四半期の携帯電話端末販売台数を発表した。それによると販売台数の総計は、9670万台。このペースで推移すると2000年の4億1270万台を超える5億台に達すると見込んでいる。

世界的な傾向として、新規契約数は減少しており、買い替え需要が携帯電話端末市場を支える構造に変化しつつあるとしており、端末ベンダーは新たな対応を迫られることになると予想している。

ベンダー別販売数は、1位がフィンランドのノキア社で3409万4000台、以下順に、米モトローラ社が1277万3000台、独シーメンス社が666万4000台、スウェーデンのエリクソン社が654万2000台、韓国サムソン社が612万台となっている。日本企業は、松下電器産業が6位、日本電気が7位、三菱電機が8位となった。

2001年第1四半期の携帯電話販売数
ベンダー 順位 販売台数 シェア(%)
ノキア 1 3409万4000 35.3
モトローラ 2 1277万3000 13.2
シーメンス 3 666万4000 6.9
エリクソン 4 654万2000 6.8
サムソン 5 612万 6.3
その他 - 3049万6000 31.5
合計 - 9668万9000 100.0

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン