このページの本文へ

VIA C3に733MHz新登場も未だ仕様定まらず?!

2001年05月31日 22時25分更新

文● Jo_Kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
C3-733MHz
VIA C3-733AMHz

 VIA C3に、最高クロック700MHzを33MHz更新する733MHz版が登場した。今回登場したC3-733AMHzはFSB 133MHzで倍率は5.5倍。CPUコアがSamuel2であり、0.15μmプロセスで製造されているのは従来どおりとなっている。

 ただし同製品はES品。代理店のアイティーシーによれば「製品版として発注したらES品が納入された」とのことで、これは前に同社扱いのC3-700AMHz ES品がDOS/Vパラダイス本店に入荷したときと同じだ。
 ちなみに今回登場したものは“VIA C3 Processor”の刻印がある、コア電圧1.6V版。C3のマーキングやコア電圧については、クロックや出回った時期によりバラつきが出ておりナゾが残るが、これについてはVIAと直接取り引きしている代理店でも「VIAがどう動いているのかわからない」という。「ショップさんやユーザーさんにはごめんなさいと言うしかない」(アイティーシー)。



コア裏の刻印
コア裏を見ると、ES品であることがはっきりと分かる
小箱
C3-733AMHzは、バルクともリテールとも言えない“VIA Cyrix III”のロゴが入った小さな箱に入っている。このあたりがなんともVIA的?!

 入荷していたコムサテライト1号店/3号店によれば、販売する方向で検討中とのこと。コムサテライト1号店では予価7800円としている。すでにC3-750MHzが発表されておりそちらも気になるところだが、FSB 133MHzベースでは733MHzが最高クロックとなるため、総合的パフォーマンスを考えるなら750MHzより733MHzの方が有利かもしれない。ひょっとすると、これから夏に向け、低発熱・低騒音な自作PCニーズの高まりとともにC3がブレイクするかも…。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ