このページの本文へ

NTT-ME、BSデジタルチューナーと電話回線をコードレス接続する通信ユニットを発売

2001年05月31日 19時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・エムイーは30日、BSデジタルチューナーなどと電話回線を接続する配線部分を無線化する通信ユニット『BSワクワクトゥインクル』の販売を6月8日に開始すると発表した。

『BSワクワクトゥインクル』
『BSワクワクトゥインクル』

同製品は、BS/CSデジタル双方向サービスのユーザー向けに、BSデジタルチューナーと電話回線の接続をコードレスにするもの。現在販売されているコードレス電話機やファクスには、オプションとしてBS/CSデジタルチューナーと電話回線を無線で接続できるワイヤレスアダプタなどがあるが、既存の電話機やファクスにこれらの機能がない場合、無線化するためには、機器を更改する必要があった。同製品により、機器を更改しなくても、無線化が図れるようになるという。

本体サイズは幅181×奥行44×高さ72mm、重量は電話回線側ユニット約160g、端末側ユニット約150g。通信速度は2400bps(BS/CSチューナーでの定格速度)、通信距離は直線見通し100m、家屋状況により室内約30m。使用回線は、一般加入電話回線であるアナログ回線、ダイヤル方式は、トーン、パルス(20pps/10pps)で切替が可能。4月1日現在、市販されているほとんどのチューナーに対応している。同製品は、電話回線側のユニット1台と端末機側ユニット1台、ACアダプター2個、電話回線接続コード1.5m1本、取扱説明書、保証書で構成され、価格はオープン、販売予想価格は7000円前後。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン