このページの本文へ

InterLink MP-C304-B

InterLink MP-C304-B

2001年05月31日 16時15分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ビクター(株)は、OSにMicrosoft Windows Powered 2000日本語版を搭載したハンドヘルドPC「InterLink MP-C304-B」を発表、6月8日に発売する。

型番の最後の「B」は「スペースブラック」のとおり、シックなブラックボディとなった「InterLink MP-C304-B」。

 InterLink MP-C304-Bは、現行の「InterLink MP-C303」の上位機にあたり、USBインターフェイスを介して同社のDVカムコーダから動画や静止画を取り込む機能が追加された。
 基本スペックは従来機と同等で、CPUにVR4122-180MHzを搭載、32MBメモリ、1024×600ドット/6万5000色表示の7インチ低温ポリシリコンTFT液晶を装備。ただしWindows Powerd 2000の基本解像度は800×600ドットで、1024×600ドット表示は同社独自拡張のためアプリケーションによっては動作しない可能性もある。PCカードスロットおよびCFカードスロット(いずれもTypeII×1)を搭載する。
 追加された動画取り込み機能は、同社のDVカムコーダ「GR-DVP3」に搭載されているMPEG4動画記録機能と静止画取り込み機能に対応したもの。GR-DVP3とUSBインターフェイスで接続し、GR-DVP3に装着したメモリカードに記録された動画/静止画を取り込むことができる。同時に、標準搭載されている動画表示ソフト「ピクチャーアルバム」「AVリンクジュークボックス」が、MPEG4およびITU-Tで勧告されている音声圧縮符号化方式「G.726」に対応した。また、従来から赤外線通信ポートから赤外線リモコン信号を送出してAV機器のコントロール機能を搭載していたが、新たにブラウザでテレビ番組表を選択すれば同社のビデオデッキでGコード番組予約が可能な「番組表ビデオ予約」機能を追加した。
 電源は専用リチウムイオン充電池で、約6時間の利用が可能。
 本体サイズは217(W)×153(D)×24(H)mm、重量は約740g(バッテリ含む)。
 価格はオープンプラス。

日本ビクター(株)
問い合わせ先 PCサポートセンター 03-5802-0440



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン