このページの本文へ

SCN、インターネットコミュニケーションソフト『SHEEPDOG』を発売

2001年05月30日 22時13分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーコミュニケーションネットワーク(株)は30日、インターネットコミュニケーションソフト『SHEEPDOG』の製品版パッケージを6月6日に発売、また同日より同社の運営するゲームサイト“Party Crew(パーティー・クルー)”で、SHEEPDOGの公式サイトの正式運営を開始すると発表した。

SHEEPDOGパッケージSCNが「今年の最重要商品」と語る『SHEEPDOG』の製品パッケージ (C) 2000-2001 Sony Communication Network Corporation.

SHEEPDOGは、インターネット上でつながった不特定多数の人たちと、キャラクターの“ヒツジ”や“シープドッグ”(牧羊犬)を介してメッセージ交換やチャットを楽しめるインターネットコミュニケーションソフト。

ユーザーは牧場主となり、1匹のシープドッグと6匹のヒツジとともに“牧場”を持つ。すべての牧場はインターネット経由でつながっており、メッセージを作成してヒツジに持たせると、シープドッグが羊を追い立てて他の牧場にメッセージを持ったヒツジを届ける。受け取り側の牧場にヒツジとシープドッグがやってくると、ヒツジが持ってきたメッセージを表示する仕組み。メッセージの送りかたは、友達など送り先をあらかじめ指定して送信する“訪問”と、送り先がランダムで見知らぬ人に決まる“冒険”の2種類が用意されている。また、チャットも行なえる。

自分のシープドッグやヒツジを世話することも可能で、世話の仕方により状態が変化する。シープドック同士にも相性があり、牧場を行き交うことでシープドッグ同士の交流が生まれるようになっている。

同社は4月よりβ2バージョンを一般に公開していたが、20~35歳の女性を中心とした1万人以上が利用、好評を博していたという。

製品版は6月6日発売で、価格は3980円。対応OSはWindows 95/98/Me/2000。パッケージには同じ内容のプログラムCD-ROMが2枚入っており、友人などに配布できるようになっている。なお、実際にSHEEPDOGを利用するには、SHEEPDOGサーバー利用料(月額200円)が別途必要。製品には30日間の無料アクセス権が付属する。

着ぐるみ
本日都内ではSHEEPDOG発売記念パーティーが開かれた。会場にはシープドッグとヒツジの着ぐるみも登場。特にヒツジの着ぐるみは、ぼふぼふしていて秀逸! マジでかわいいです。久々に素晴らしい着ぐるみに出会いました
ぬいぐるみ
こちらは参考出展のぬいぐるみ。特に女性陣に大好評

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン