このページの本文へ

オムロンソフト、Linux対応日本語入力システム『Wnn7 Personal』を発売

2001年05月30日 20時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オムロンソフトウェア(株)は30日、Linux/FreeBSDに対応した日本語入力ソフト『Wnn7(うんぬセブン) Personal for Linux/BSD』を7月7日に発売すると発表した。価格は9800円。『Wnn6』のユーザーには4800円で優待販売するという。

基本的な日本語入力機能のほか、一度入力した言葉を記憶し、その使用頻度により次に入力する文字列を予測して表示する“楽々入力”や、地名や四字熟語などの読みを表示する“逆引き変換”、変換中の単語から類義語を探して変換できる“連想変換”、入力のゆれを補正して変換する“入力補正”などの機能を搭載する。GUIツールの『GTK+』対応により各種のカスタマイズが可能。基本辞書もWnn6のものを全面的に見直した最新辞書を搭載する(約50万語)。
インテル製および互換CPUに対応し、対応OSは、Red Hat Linux 7.1日本語版、TurboLinux 日本語版6.0、LASER5 Linux 6.4、Vine Linux 2.1.5、Kondara MNU/Linux 2000、FreeBSD 4.3-RELEASE。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン