このページの本文へ

ボーイズラブゲームの代表格! 「好きしょ!2」発売記念サイン会に女性ファンのみならず男性ファンも熱狂!?

2001年05月27日 23時53分更新

文● 林/スタジオ百哩

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ゲーム画面1
プレイヤーキャラの主人公・羽柴空。探偵見習いの空が、自分の失われた記憶を取り戻す課程で、謎の事件とトンデモない人たちに遭遇する

「好きなものは好きだからしょうがない!!」は“完全女性向18禁仮想恋愛見るゲー”と銘打たれた、いわゆるボーイズラブゲームの人気タイトルだ。25日に発売になった「-TARGET NIGHTS-」、通称「好きしょ!2」は昨年の8月に発売された“-FIRST LIMIT-”に続くシリーズの第2作目(ちなみにシリーズ全4作を予定)。主人公の行動を選択しながらストーリーを進めていくビジュアルノベルゲームで、ボーイズラブというジャンル名のとおり、登場する男の子同士の恋愛がストーリーのメインになっている。



ゲーム画面2
「好きしょ!2」のストーリーは第1作の続編だ
ゲーム画面3
もちろん今作だけでも楽しめる(前作のあらすじは説明される)が、続けてプレイすればよりハマれる
つたえさん
午後12時からラオックス・ザ・コンピュータGAME館の会場で「好きしょ!」のポスターにサインするつたえゆずさん

 本日開かれたイベントは、ゲームの原画を担当したつたえゆずさんによるサイン会。ボーイズラヴゲーム情報を扱うウェブサイト「椿の館」が主催したものだ。サイン会は午後12時からラオックス ザ・コンピュータGAME館5Fで、午後3時からはヤマギワソフト館5Fパソコンソフト売場にてそれぞれ行われた。雨の降るあいにくの天気の中、どちらの会場にも熱心なファンがかけつけていたが、そんなファンの気持ちに応えるように、つたえゆずさんが一人ひとりと丁寧に言葉を交わしながらサインに応じていたのが印象的だった。



好きしょ2販売の様子ラオックスでの売場に積み上げられた「好きしょ!2」。確実にセールスを伸ばしているとのこと。
ヤマギワ行列
サイン会に並ぶファンであふれたヤマギワソフト館のパソコンソフト売場。男性客の姿もちらほら

 集まったファンは女性がほとんどだったが、男性ファンの姿もちらほら。中には、カップルで訪れた人たちもいた。話を聞くとどちらが先にゲームを攻略するか、ふたりで競い合っているとのことだ。ほとんどの人は25日の発売日に購入したようだが、すでに全てのシナリオとCGを見るコンプリートを果たしてしまった人もいたようだ。また、この「好きしょ!」シリーズで初めてPCゲームをプレイした、という人もいて、ボーイズラブゲームというジャンルがPCゲーム市場に女性という今までになかった新しいユーザー層を作りつつあることがうかがえる。実際、以前よりも女性がPCを使うことが多くなっている現在では、このジャンルにはまだまだ市場が拡大する余地がありそうだ。



つたえさんとファン
午後3時からのヤマギワソフト館会場にて。ファンとの会話も弾んでいた
つたえさんと管理人さんサイン会は大成功ということで、今回のイベントの主催者「椿の館」の管理者さんと一緒に記念撮影をパチリ。お疲れさまでした

(C)2001 プラチナれーべる/SOFTPAL Inc.

【取材協力】 【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ