このページの本文へ

ミノルタが、524万画素の『DiMAGE 7』など4機種でデジカメ市場に本格参入

2001年05月23日 22時11分更新

文● デジタルバイヤー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミノルタ(株)は23日、524万画素CCD/光学7倍ズームレンズを搭載するデジタルカメラ『DiMAGE 7』、334万画素/光学7倍ズームの『DiMAGE 5』、334万画素/光学4倍ズームの『DiMAGE S304』、230万画素/単焦点の『DiMAGE E201』の計4機種を発表した。6月より順次発売する。

同社は、今回の製品によりデジタルカメラ市場に本格参入するとしており、それに合わせてデジタルフォト関連製品を示す“ディマージュ”のロゴを“Dimage”から“DiMAGE”に変更した。

一眼レフタイプの『DiMAGE 7』『DiMAGE 5』

『DiMAGE 7』
524万画素CCDと光学7倍ズームを搭載する『DiMAGE 7』。外装にはマグネシウム合金を採用

『DiMAGE 7』と『DiMAGE 5』は、CCD以外の仕様は両機種とも共通。DiMAGE 7は524万画素の2/3インチ原色CCD、DiMAGE 5は334万画素の1/1.8インチ原色CCDを採用し、焦点距離7.2~50.8mm(35mmフィルムカメラ換算でDiMAGE 7が28~200mm、DiMAGE 5が35~250mm相当)、F2.8~3.5の光学7倍ズームAPOレンズ(手動式)を搭載する。レンズはAD(異常分散)ガラス2枚を含む13群16枚“GTレンズ”を採用。DiMAGE 7は最高2560×1920ドット、DiMAGE 5が最高2048×1536ドットの静止画を撮影できる。

『DiMAGE 5』
334万画素CCDと光学7倍ズームを搭載する『DiMAGE 5』。基本デザインはDiMAGE 7とほぼ共通

記録メディアはCFカード(TypeII)を採用し、マイクロドライブ(microdrive)に対応するほか『P-in Comp@ct』やモデムカードを装着して画像を送信する機能を備える。背面には1.8インチ液晶ディスプレーを装備する。液晶ビューファインダー“デジタルハイパービューファインダー(EVF)”は22万画素相当の強誘電LCDを採用し、視野率は100%、90度チルトすることでウェストレベルファインダーとしても利用できる。

多分割測光方式(DiMAGE 7は300分割、DiMAGE 5は256分割)、中央重点測光、スポット測光による露出制御と、各種露出モードを選択可能。ISO感度は100~800。独自の画像処理技術“CxProcess”を採用する。出力画像データはエプソンの提唱する“PRINT Image Matching”に対応する。

DiMAGE 7/5の背面
DiMAGE 7/5の背面。液晶ディスプレーの上に液晶ビューファインダー、下に電池収納部を持つ

インターフェースはUSB1.1およびビデオ出力(NTSC/PAL)を装備し、電源は単3電池×4本(ニッケル水素充電池を推奨、アルカリ乾電池使用可)。DC(6V)の入力端子も備え、外付けタイプのバッテリーパック『EBP-100』をオプション(4万円)で用意する。本体サイズは幅116.5×奥行き112.5×高さ90.5mm、重量は約505g。価格および発売時期は、DiMAGE 7が16万500円で、6月23日発売。DiMAGE 5は価格未定で9月発売予定となる。

コンパクトカメラ『DiMAGE S304』

『DiMAGE S304』
光学4倍ズームと334万画素CCDを搭載するコンパクトカメラ『DiMAGE S304』

『DiMAGE S304』は、1/1.8インチの334万画素(有効約317万画素)原色CCDと焦点距離7.15~28.6mm(35mmフィルムカメラ換算:35~140mm相当)、F3.0~3.6の光学4倍ズームレンズを搭載するコンパクトサイズのデジタルカメラ。レンズは9群11枚の“GTレンズ”。

記録メディアはCFカード(TypeI、8MB付属)で、最高撮影画素数は2048×1536ドット。プログラム/絞り優先/マニュアル撮影モードを持つほか、多分割(256分割)測光の露出制御機能を搭載する。1.8インチ液晶ディスプレーと光学ズームファインダーを装備する。最大60秒の動画記録や15秒のボイスメモも利用できる。インターフェースはUSB1.1およびビデオ出力(NTSC/PAL)。電源は単3×4本(ニッケル水素充電池を推奨、アルカリ乾電池も使用可能)。本体サイズは幅113.5×奥行き58.5×高さ64.5mm、重量は約320g。価格は未定で、9月発売予定。

オールインワンパッケージ『DiMAGE E201』

『DiMAGE E201』
単焦点レンズと230万画素CCDを搭載する入門機『DiMAGE E201』

『DiMAGE E201』は、1/1.75インチ230万画素原色CCDと、焦点距離8.2mm(35mmフィルムカメラ換算:38mm相当)、F3.0の単焦点レンズ(4群5枚)を搭載するコンパクトデジタルカメラ。撮影画素数は最高1982×1200ドットで、記録媒体はCFカード(TypeI、8MB付属)。1.8インチ液晶ディスプレーと光学ファインダーを装備する。インターフェースはUSB1.1およびビデオ出力(NTSC/PAL)。電源は単3×4本(アルカリ乾電池またはニッケル水素充電池)。本体サイズは幅114×奥行き45×高さ65mm、約210g。オールインワンパッケージとしてUSBケーブルやフォトレタッチソフト『Adobe PhotoDeluxe』が付属する。価格は4万9800円で、7月上旬発売。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン