このページの本文へ

ビジネスシヨウ 2001 TOKYOレポート

ビジネスシヨウ 2001 TOKYOレポート

2001年05月22日 21時31分更新

文● 小林

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
2001年のビジネスシヨウは携帯電話が主役。NTTドコモブースから。

 ビジネス&ITの総合イベント「ビジネスシヨウ 2001 TOKYO」が、東京ビックサイトで5月24日まで開催されている(5月22、23日は招待日のため一般来場者の入場は不可)。ここ数年モバイル関連機器の展示が目立っているビジネスシヨウだが、今回はまさに「携帯電話一色」という雰囲気。5月30日に試験サービスが開始されるNTTドコモの「FOMA」端末を始めとして、数々の新製品/コンセプトモデルが展示されていた。ここでは、その中から注目の製品をピックアップして紹介する。



新しいP-inが登場したドコモブース

PHSデータ通信カードにDoPa端末用インターフェイスを内蔵した試作機。ちなみに、DoPaのデータ転送レートは28.8kbps。

 NTTドコモのブースは、試験サービス開始まであと1週間に迫った「FOMA」関連の展示が中心。音声通話を目的としたスタンダードタイプの「FOMA N2001」、デジタルカメラを内蔵したビジュアルホンの「FOMA P2101V」、データ通信専用端末の「FOMA P2401」が展示されていた。それ以外の新製品としては、参考出品されていた「PDC/パケットデータ通信対応コンパクトフラッシュ型PHS」。これは、64kbps通信に対応したPHSデータ通信端末に、DoPa対応端末用のインターフェイスを内蔵したもの。開発元などは特に記載されていなかったが、先日TELECに登録されていたシャープの「P-in M@ster」の試作機とみられる。サイズはP-in Comp@ctと同じ、TypeIIのコンパクトフラッシュサイズ。



Java対応端末を展示したJ-PHONE

J-PHONEブースで一番人気は、6月発売予定のJava対応端末「J-SH07」。

 J-PHONEブースで注目を集めていたのは、6月に発売される予定のJava対応端末「J-SH07」。6万色表示に対応したTFT液晶を採用し、背面にデジタルカメラを装備した折り畳み式の端末で、開発はシャープが行っている。会場では実機に触れることも可能で、Javaを利用したゲームや待ち受け用のアニメーションなども体験できた。
 また、ブース内には、次世代携帯電話のモックがふんだんに用意されており、こちらも来場者の関心を引いていた。



デモされていたJavaアプリ。3Dのポリゴンキャラが動く。
J-PHONEブースに展示されていたコンセプトモックのひとつ。
差し替えるだけで簡単に機種交換できるUSIMカード。

AirH"対応端末が登場

TDK製のAirH”対応カード「AirH” Card petit」。TypeIのCFサイズ。

 先日、定額制のPHSサービス「AirH”」を発表したDDIポケット電話のブースでは、同サービスに対応した、PHSデータ通信端末が展示されていた。

 セイコーインスツルメンツが開発したPCカードサイズの「AirH”Card」とTDKの「AirH” Card petit」で、後者は初のお披露目。パケット通信を利用した定額制サービスのほか、64kbps通信(PIAFS2.1)に対応した従来のサービスプランにも対応している。TypeIのコンパクトフラッシュカードサイズとなっている点が、TypeIIのP-in Comp@ctを使用できないPDAユーザーに嬉しい。発売は8月を予定している。同社のブースでは、今秋のサービス開始を予定している128kbpsデータ通信サービス対応端末も展示されていた。



128kbps通信に対応したデータ通信カード。サービスの開始は今秋を予定。

次世代携帯電話のコンセプトモックを大量展示したau

 KDDI(au)のブースでは、KDDI、日立製作所、ソニー、東芝、三洋の5社によるモックアップを展示。また、日立製のJava対応端末(「ezplus」対応端末)やBluetooth対応端末なども展示されていた。

KDDIのモックアップ。動画の閲覧を想定して大型の液晶がコンパクトに折り畳める形状となっている。
日立製作所のモックアップ。通話の道具ではなく、文房具に近いPDAとしての使い方を提案している。

funstyleをアピールするツーカー

浜崎あゆみのCMでおなじみの「funstyle」。会場では視聴もできる。

 ツーカーのブースでは、64和音の音楽データ配信サービス「funstyle(ファンスタイル)」に対応したEZweb端末「TK11」がメイン。大量に展示された実機の音は実際に視聴することもできた。また、会場の片隅には夏以降に発売される新製品も展示。三洋、東芝、京セラ製の端末がショーケース内に陳列されていた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン